ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(10/19) 改訂中(8/7) 最新記事(10/14) ラジオ(10/17) アジト教室14 掲示板
←復習する?
文化祭も終え、僕たちには一見平和な日々がもどっていました。
のぶ君のことは、西条くんたち電車通学のメンバーが、毎日、広場にたちより、その後を観察してくれたり遊んでくれていたので、しばらく僕の頭からは離れていました。
子供扱いの天才、西条くんのこと。きっとうまくやってくれているはずです。

僕は宮崎さんとのこともあって、ここ数日、西条くんとは別々に下校していました。
2年生になってからは、ずいぶんとひさしぶりのことでしたが、スケ番お欄の事件以降、宮崎さんと「偶然に」出会うことはありませんでした。

続きを読む
本日、アップは1時をまわりますので、怪獣ラン・キングでも倒して遊んでてください。

弱点は目です。目をねらってください。

人気ブログランキング にほんブログ村 小説ブログへ

続きを読む
←復習する?

広場には、夕子ちゃんが、めずらしく「うるさい父兄」を伴わずに来るというので、予想もしない人数が集まってしまいました。
西条くん、孝昭くんは当然として、チャーリーまでが集まり、総勢8名。
小学生の、それも下級生の遊びに、これだけの人数が集まるってのもどうにも。
続きを読む
←復習する?

<おことわり>
今日はぼくちゅう始まって以来、初めてくらいに重いテーマなので、先にクリックしておいてください。

人気ブログランキングにほんブログ村 小説ブログへ


7章[のぶくんの飛行機]第28話 ぼくたちの失敗(5)


釣りは、どんな獲物であってもポイント、というのがあります。
つまり、どこの場所で釣るかによって、成果は大きく違います。
当然ザリガニ池だって例外ではないわけですが、僕たちが「ポイント」とする場所は常に決まっていました。

「夕子ちゃんの対角線上最短距離」です。
なにしろ夕子ちゃん。こんなアウトドアな企画とは知らず、スカートはいてきてしまいました。
このため、夕子ちゃんの対角にゴロゴロと集まってしまう僕たちグループ。ああ、情けないったらありゃしない。

「なんだってお前ら、ここに集まって来んだよ!散らばんなきゃ釣れないだろ?」
「んー、ここが釣れそうに見える!絶対ここだよ、ここ」。
「バカ野郎!少しは離れろ!」
「お前こそ、あっちいけよ!」

わずかな「ポイント」を巡って、みにくい争いこの上ありません。

小春日和の午後。
時間は本当にゆっくりと流れていました。
のぶ君は、ミカちゃんと一緒に、釣りばかりではなく、いろんな話をしているようで、それははたから見ても実にほほえましいものがありました。

一時間も釣りを楽しんだ頃、向かいの「対角線上」で、夕子ちゃんが言いました。

「せんぱい~。サンドイッチいります~?あたしつくってきたの~」。

あっと言うまに一斉移動。
は、速っ!!!

僕は少し遅れをとってしまい、たどりついた時には、すでにサンドイッチはひとかけらも残っていませんでした。
「え・・・ウソだろ?」
「あ・・・ごめんなさい。先輩・・・。今日、こんなに来てると思わなかったから・・」
はい。僕もこんなに来るとは思ってませんでした。

「え・・あ、ああ、いいよ。夕子ちゃん。だ、だ、だい、だいじょぶだから・・・」。

見るとひとりで3つくらいを一度にくわえているやつもいます。
くそ~。

「要領悪いな~、お前。これでも食ってろ」。
ザリガニのエサのスルメを渡す西条くん。

「なんで僕だけザリガニのエサなんだよっ!!」

  あはははは。

これに、のぶ君もミカちゃんも大笑い。

よかった・・・。あんなに笑ってる。のぶ君。あんなに笑えるようになったんだ。
続きを読む
←復習する?

<おことわり>
2話連続「神様について」書く事になりました。
ミカちゃん、のぶ君、それぞれに出した僕たちの答え。それぞれを1話ずつにしてあります。
続けてお読みください。

人気ブログランキングにほんブログ村 小説ブログへ
続きを読む
本日は2話1セットです。29話からお読みください。

一方、のぶ君には孝昭くんが話しかけています。

「神様なんていないのに」。
かたくなに神様を否定するのぶ君に

続きを読む
←復習する?

人気ブログランキングにほんブログ村 小説ブログへ


駐在所に行くことを決めた僕たちでしたが、悪戯と違い、そんなにやたら雁首そろえても仕方ありません。
普段、こうした場合には、グレート井上くんが加わるのが常でしたが、今日は模試があってまだ帰ってきていませんでした。

続きを読む
スポンサー