ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(10/17) 改訂中(8/7) 最新記事(10/14) ラジオ(10/17) アジト教室14 掲示板
マスカレード 最終話へ|マスカレード あとがき(2)へ→

(携帯で読みにくいというご意見があるので、あとがき分割することにいたしました)

■悩みに悩んだ仮装舞踏会

”たとえば今日の君がひとりぼっちだったとしても”

”明日の君がそうとは限らないだろう?”

春雷で井上くんが、見も知らぬ少女に言うこの言葉。
この言葉のために、マスカレード全編はありました。
たったひとりから始まって、たくさんの読者さんに向けた言葉です。

途中からGSとBSを分けるという計画は、書き始めたときからありまして、これはmixiで宣言した通りです。

片方が「です体」で、片方が「だ体」。小説としては掟破りで、おそらく同種の小説はありません。
当然、GSとBS、どこかで統合しなくてはならないわけですが、それをフィナーレ4話で行いました。最後の花ちゃんとの「語り」部分は、誰もがママチャリかグレート井上くんと考えるところで、気づかれた方もいらっしゃるようですが、すべては森田くんに語っていた、という大仕掛けです。実は全部BS。

リアルタイムアップしたフィナーレは、数通りありました。

結局、いきなり時間をふっとばしたわけですが
”5年後の君。10年後の君”という伏線はひいておいたものの、7章で一度使っていたので悩みました。
けれど、14章でのラストが、すでに3年生の11月でしたので、時間が残っていません。グレート井上くんが美奈子さんとの別離から立ち直るには、卒業までの時間はあまりに短かすぎたのです。


 →マスカレード あとがき(2)へ続く(コメントは最後のページでまとめて受付けますね)


関連記事
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/1218-17b70ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック