ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(8/20) 改訂中(8/7) 最新記事(8/22) ラジオ(8/21) アジト教室14 掲示板
マスカレード あとがき(3)へ|15章 まえがきへ→
■あまい小説

「ぼくちゅうの世界みたいに現実はあまくない」

これも時折寄せられるご意見で、マスカレードフィナーレでもありましたが、実際の高校時代は、花火盗人のあとがきで書いたように、もっと汚いことや、つらいこと、心がズタズタになるほど悲しいこともたくさんおきます。あたりまえです。

「私はそんなにうまくいかないよ」

僕はあなたよりも、もっとつらい目に遭っているかも知れませんよ?
50年も生きればいろんなことありますから。

『シンデレラ』が長いこと愛されているのは理由があります。
そこに希望を分け与える力があるから。
少女たちは「シンデレラになれる」なんて思っていません。けれど、そこから与えられたものを忘れてはいけません。

「よかったね。シンデレラ」と、同じように

小さなことなら「会社で怒られたけど、ぼくちゅう元気出た」。

そんなことです。

ぼくちゅうは、毎日1話なので、読まれているみなさんの日記でもあります。あれを読んでたときこんなことあったなぁ、とか。あの日はやなことあったけど、ぼくちゅう読んで耐えたっけ。とか。

もっと言うなら

「西条の馬鹿がぁ!」とか、
「和美ちゃん、かわいそ」とか。

振り返れば、前の時間にもどれます。
削除すれば本は売れて万々歳ですが、あなたの日記、勝手に消せません。

 15章 まえがきへ→

関連記事
スポンサー