ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(4/26) 改訂中(8/7) 最新記事(4/17) ラジオ(4/17) アジト教室14 掲示板
第27話 小さな太陽(2)へ|第29話 小さな太陽(4)へ→
30,000HIT/日&いつの間に150,000HIT 御礼


<おことわり>

6章、長いおつきあい、本当にありがとうございました。
本日、3話1セットです。いっきにフィナーレまでどうぞ。


6章:第28話 小さな太陽(3)

修学旅行を終え、僕たちは駐在所に向かっていました。
なぜって。重箱を返すためです。

よりによって駐在さんは、ぼた餅ヨウカンを、これでもかってほど大きい重箱に入れてよこしたため、旅行の間中、僕と西条くんは、そのかさばる荷物に悩まされ続けました。
それはまるで遺骨を運ぶご遺族。
重箱

「くっそぉ〜〜〜〜〜!駐在のヤロウ〜〜〜〜〜〜〜!」

僕はともかくとして、西条くんは、これに+「バス酔い」がありましたので怒り心頭です。

後から考えれば、西条くんが「乗り物に弱い」のも、彼が仲間はずれにされていたことと関係があるのかも知れません。
小中学校時代だって、修学旅行はあります。
ひとり、誰ともしゃべらず、笑いもしないバス旅行など、楽しいはずがありません。
そういう意味で、西条くんにとっては、(バス酔いはしたものの)今回の京都が、彼が「初めて笑った」修学旅行でした。


「駐在ぃーーーー!いるかぁーーーー!」

ほぼ道場破り状態で、駐在所乱入!

しかし、パトカーはあるのに、応対に出て来たのは奥さんでした。

「あら?西条くん、ママチャリくん」

ぱぁ~ ☆。.:*‥゜

「あ~〜。おくさん~〜♥」

さっきの怒りはどこへやら‥‥‥。例によってヘロヘロの西条くん。
僕ですか?
僕は、

「こんにちは〜〜〜おくさん〜〜〜〜♥」

しかたないのです。男は美女に弱いのです。そうできているのです。

「あ、お重箱、返しに来てくれたのね?どう?おいしかったかしら?」

「はい~〜。とってもおいしくいただきました~〜♥」

その95%は吐いてましたが。西条。

「主人がね、西条くんは”ボタ餅”が大好物だって言うもんだから。早起きしてつくったのよ?」

 やはり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。

「主人ね、今、幼稚園に交通指導で行ってるの。なにか伝えることある?」

「はい。このお礼は必ずします、と、お伝えください」

(でも、今になって思えば、たとえ「仕返し」であったとしても、町の駐在所が修学旅行に行く高校生にオヤツを作ってくれる、などというのは、本当に暖かい話です。現代ではちょっと考えられません)

「それから、コレ‥‥‥。京都のお土産です」

「アラ。別によかったのに‥‥。でも、アリガト♡西条くん、ママチャリくん」

「「ど〜いたしまして〜〜〜〜〜♥」」

しかたないのです、そうできているのです。


西条くんには、もうひとり、この日、お土産を渡す相手がありました。

そう、ユキ姉です。

人も羨む美人のハシゴ
しかも、ユキ姉は奥さんとちがって独身ですから(あまり独身の「奥さん」っていませんが‥‥)
西条くんにだって、十分に「可能性」があるわけです!

こないだのデートを見る限りで、ユキ姉も、悪い雰囲気ではありませんでした。


待ち合わせは、町の小さな喫茶店『ポプラ』。

西条くんも意識しているのか、扉の前で躊躇し始めました。

「ほら。行って来いよ、西条。みやげ渡すんだろ?」

「あ、ああ、おお!あ、ネクタイ曲がってない?」

学生服にネクタイしてないだろ‥‥‥。

「いいから、ほら、行けって!」


そして翌日のこと─────────

みんなの屯している所に、西条くんが、1枚の紙を手に持って現れました。
実にうれしそうです。

西条ってば、ひょっとして?ひょっとした?

「おお。みんなぁ!コレ見てくれ!コレ!」

「そんな小っせえエログラビアには興味ねぇ」
「もっとデカイの持って来いや、西条」

そういうもんじゃありません。
それはハガキのようなものでした。


「西条・・・これって・・・・」


「うん!そうだ!ユキ姉、結婚するんだって!」


「‥‥‥‥‥するんだってって、お前」「‥‥‥ナニをうれしそうに‥‥‥‥」

「ったりまえだろ? ユキ姉には、幸せになってもらいたかったからな!」

「そう‥‥‥‥?」「‥‥‥だったのか?」

西条くん、その質問には答えず、

「ユキ姉、こっちの支店に来たのは、結婚することが決まったからなんだってさ」

「するってーと相手は‥‥‥‥?」

「同じ銀行の人らしい」

(現代でも)金融機関である銀行は、夫婦を同じ支店内には置きません。
婚約をした時点、もしくは恋愛時点で、どちから(たいていは女性側)が支店を移動させられます。
(もちろん、不正行為が起きる事を防止するため)
ユキ姉は、このパターンだったのです。

「コレ、披露宴の招待状だ!お前ら、もらったことないだろーーー?」

「ない‥‥‥‥」「オレもない‥‥‥‥」

「高級料理、食い放題!新婦友人とジャレ放題!」

そんな披露宴もないとは思いますが。

「たのしみ〜〜〜♪あ、鶏肉の骨くらいは、土産にもって来てやるぞ?」

「いらねぇって!」「もう少しまともなもん持って来い!」

 アハハハハハハ‥

ことさら明るく振る舞う西条くんに合わせるみんなでしたが、気持ちは複雑でした。
西条くんが今でもユキ姉を好きなことは、誰の目にも明らかだったからです。
なにしろ、僕たち全員にバイトさせてでも、預金で協力しようとしたほどですから‥‥‥。

「で?結婚式っていつなんだ?西条」 聞きにくいことを聞いてくれるのは、いつも孝昭くん。

「再来週の土曜日。昼からだ」

「土曜?」「早引けすんの?」

「場所がさ。Y市だからな。3校目終わったら早退だな。もー、早退ってだけで楽しみだ♪」

一見すると、西条くんは、これ以上ないほどに上機嫌で、僕たちの心配は、とんだ勘違いにさえ思えました。

けれども。喫茶店ポプラの前での西条くんは、疑いようもなく「勝負」に出るつもりだったはずで‥‥‥‥‥。


 ‥‥‥‥‥‥西条?



──────結婚式当日です。

西条くんは、予定通り、3校目で早退し、ゆき姉の結婚式へと向かいました。

昼時間、誰が集めたということもなく、みんなは僕の教室に。

「あー。西条、いまごろうまいもん喰ってやがんだろうなーー」
「アイツは、フルコース。オレは菓子パン‥‥‥‥」
「まぁまぁ、ひがむなって!オレの結婚式で食わせてやるって」
「お前、結婚できるつもりでいるのか?」

「どうかな。西条のヤツ、けっこう涙もりからな。案外、オヤジより泣いてるかも?」
「親父って、あのイ○ポ師範だろ?あんなヤツでも、娘が嫁ぐ日ってのは泣くもんかなぁ」
「それ以前に、娘ができたってことは、イ○ポじゃなかったんだな?」
「わははは!だからショックなんだろうがーー」

ちょうど会話が『イ○ポ』談義になったところで、クラスの女子が声をかけてきて、僕たちは泡をくいました。が‥‥‥‥

「西条君?西条君なら、さっき河原のほうに歩いてってたけど‥‥‥。ネエ?」
「ウン。さっきパン買いに行く時見かけたヨ?」

なんだって!?

「それって何時頃?」

「ついさっきよ。ネエ?」
「ウン」

「ついさっき‥‥‥‥‥‥」

もうとっくに結婚式は始まっているはず‥‥‥‥‥‥。

けれども、みんなにさほどの驚きはありませんでした。

「やっぱり‥‥‥‥‥な‥‥‥‥‥‥・」

「西条、行ってないぞ。結婚式」

西条くんのあの「奇妙なほどの明るさ」に、なにがしか感じ取るものがあったのでしょう。

「どうする?」
「どうするったって‥‥‥‥‥」

「ほっといてやれよ」
「だよな‥‥‥」

ですから、みんなの「答え」も、だいたい決まっていたようです。

けれども、ここで、同じように歳上の女性(美奈子さん)に「失恋したて」のグレート井上くんが、

「いや、ダメだ‥‥‥!」

「あ?」「なにが、だ?」

「それじゃダメだ。西条はいいとしても、披露宴に来てもらえなかったユキさんはどうだ?」

「そりゃぁ‥‥‥‥‥‥」

「西条だってそうだ。アイツをずっと『仲間はずれの負け犬』にする気か?」

実のところみんなは、頭のいいグレート井上くんが言った「負け犬」の意味が分かっていませんでした。
分かってはいませんでしたが、

「僕なら生涯悔やむ」

あの日(5章:花火盗人)最後の10分間にかけたグレート井上くん。
結局、それは破れましたが、「悔やんでいない」井上くんは、そう言いました。

「何時までって書いてあった?披露宴」
「確か‥‥‥午後2時半までだった。それからお披露目があるだろうからー‥‥‥」

僕たちの地方には、披露宴が終わると、新郎新婦が通りを練り歩いてお披露目する風習があります。
(昔は、全国各地にあった)

それから誰ともなく、
「そうだ!西条を送り届けるんだ!」

「送り届けるったって‥‥‥‥どこいんだ?西条は」
実は僕には、心当たりがありました。
「アイツ、堤防にいる!間違いない」

西条くんは凹むことがあると、川沿いの堤防によく行きました。
おそらくは、仲間はずれにされていた頃の名残?
そこで憂さを晴らして、みんなの前では、明るくバカな西条くんなのです。

「見つけたとしたって、もう電車ないだろ」

その通りです‥‥‥‥。

「孝昭!家帰ってバイクで来てくれ!タンデムのメットわすれるな!」

「いいけど、往復で45分はかかんぞ?間に合うか?」

すでに時計は、12時半をまわっています。Y市まで45分。
披露宴は昼食をはさんで終わるのが‥‥‥‥‥

ギリだ‥‥‥‥!

「とにかく急げ!」

「おお!」


「井上、駐在さんとこ行ってくれ!」
「ちゅ、駐在さん?なにするんだ?」

「パトカー借りるんだよ。普通のバスとかじゃもう間に合わない」
パトカーなら、間に合います。
「そ、そんな私用にパトカー出してくれるか?」
そこは、蛇の道は蛇。グレート井上くんなら、美奈子さん救助で貸しがあります。

「わかった。やってみるよ」
「最悪、村山に盗ませちゃえ!」
「いや・・そんな無茶な‥‥‥‥‥」
こないだ(5章)はやったクセに。


「他のみんなは電車で一足先に式場に行って。式、なるべく引き延ばしてくれ!」
「ひきのばすってオマエ‥‥‥‥」「どうやって‥‥‥‥?」
「電源のブレーカー落とすでもなんでもいい!3回も停電すれば電気屋が来る。30分はかせげるから。森田ならわかるだろ?」
(当時のブレーカーボックスは、現在のように鍵がついていなかった)

「あいかわらず無茶言うな〜〜〜〜」
「でも、おもしれ!」

「たのんだぞ!」
「テメェこそ、西条の説得、うまくやれよな?」

「まかせろ!」


と、言ってはみたものの‥‥‥‥‥‥。


考えるまでもなく、僕の役割が一番むずかしいことは間違いなく。


──────そして河川敷。

予想通り。西条くんは、堤防の土手に、ポツンとひとり座りこんでいました。


「西条ーーーーーーーーーーーーーーーーー!」



第27話 小さな太陽(2)へ|第29話 小さな太陽(4)へ→
30,000HIT/日&いつの間に150,000HIT 御礼

関連記事
コメント

西条く~ん。
今はどうなっているのでしょうか・・・?
2007/04/25(水) 12:52:01 | URL | ぽんぽこ #kre7x6YE[ 編集]

男ってつらいネ。
好きな人の結婚式に出席する事になるなんて、相手は年上のゆき姉と知らない銀行員・・・。
西条君マジ好きだったんだネ。
結婚式に出てもつらいし、でも好きな人の幸せの顔を見ておかないと、もっとずーーーっと後悔すると、ママチャリさんは考えたんだネ。
親友(悪友)はやっぱり以心伝心なんだねぇ。
2008/05/20(火) 11:28:43 | URL | 経理のおばん #5uDVk7ho[ 編集]

はじめまして
ぼくちゅう大好きで今読み返してます

男って辛いですよね
けど西条くんもママチャリもあつくてかっこいいです
2010/06/14(月) 15:51:22 | URL | よし #-[ 編集]

西条さん。
その明るさが、平然振りが、切ないです・・・
2011/02/23(水) 09:48:07 | URL | P子 #-[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/129-97bcab20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック