ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(10/19) 改訂中(8/7) 最新記事(10/14) ラジオ(10/17) アジト教室14 掲示板
第6話へ|第7話へ→
バースデーギャラリーへ|
▼携帯用いきなりコメント欄
人気ブログランキングへ|ブログ村ランキング

昨日、もう削除しちゃったコメントに、
ここんとこ、1年ばっかり、ママチャリ中心の自慢話が多い、
ってのがありまして。

ある意味ショッキングな話でもたあったのですが、

実は。
思い起こしますと、ちょうど1年前。僕には転機がありました。

なにかと言いますと、母、まぁ、小説で言うところの「神童タカさん」ですね。
その母が、1年ちょっと前からアルツハイマーになりました。

母の記憶からは、どんどん僕が消えていってまして。
ほら。バックトゥザフューチャーで、マーティーが写真から消えて行く?
あんな感じ。

元が神童とまで言われた聡明な人でしたので(←これは実話)、
それはなおのことショックなわけですが、
絶大な人気を得ておりました「神童タカさん」の出番が減っていたのもこのためです。たぶん。

結婚するまで続いた母の「スライド攻撃」を聴く事も、もうなくなりました。
ずっとずっと全員、正確に覚えていたのに。
今は、その中のひとりも、もう、覚えていないだろう、と思います。
ここで言う、和美ちゃんも、小町も?

もっとスライドされたので、全員登場するまで。
僕は続けるんじゃないかなぁ・・・。
ええ、ええ。モテてましたともさ。少なくとも母の中のママチャリは。
親戚の叔母さんに、「息子はモテる!」と、自慢してました。
他にあんまり誇れるものがなかったので(笑)

ぼくちゅうは、公開していますから、みなさんに読んでもらう小説であるわけですが、
それ以前に、僕が残す、僕のページでもあるわけで。

僕は。たぶん1年前から、自分のことを書きたかったのだと。
今さらハッと気づきました。
そういう意味では、ありがたいコメントでしたね。

母は、もう僕が「ぼくちゅう」の作者であることもわかりません。

こないだ映画を見て
「つまんない映画だね~~~~~」
と、言ってました。

「あはははは」
とは、笑ってみたものの。

母は、石野真子さんが自分のことを演じていることもわかってなくって。
映画版は、「たみ子」ってなってるの知ってました?
あれは。僕がお願いして、母の実名を出したんです。

「母ちゃん、あれが母ちゃんだよ」って、言いたくて。

でも、ちょっとばかし、遅かった。

むろん小説中のママチャリは僕ではないのですが、
心情の動きは、まったく僕そのものなので、

数万人をつきあわせて書くほどのものなのか?と問われれば。

「そうなんです」


 第7話へ→
関連記事
コメント

ぼくは、必ず忘れません
この素晴らしい小説を
だって、ぼく酎毒者ですから。
2009/11/20(金) 03:00:45 | URL | ベニー #-[ 編集]
神童タカさんは
日本の母と言ってもいい存在でした。
少なくとも私にとっては、女性として多大な影響を受けました。
何度なぐさめられたかわかりません。

タカさん。ありがとう。

いい女っていうのは、せいいっぱい生きてる女のこと。
2009/11/20(金) 03:13:53 | URL | MILK33 #8QhYuck.[ 編集]

そうだったんですか・・・。
以前の作者さんの台詞にもありましたが、
現実なんだから色々ありますよね。
いい事も悪い事も全部含めて。

>ぼくちゅうは、公開していますから、みなさんに読んでもらう小説であるわけですが、
>それ以前に、僕が残す、僕のページでもあるわけで。
もちろん、そうですよね。
読者参加型なので、ついついその事を忘れてしまいがちですが・・・。
ブログなんですから、好きな事をいっぱいいっぱい書いてて下さい。
それで、たま~にぼくらの”わがまま”も聞いてもらえると嬉しいです(^・^)ノ
(十分すぎるほど聞いてくれてるんですがね。)


明日からもそんなぼくちゅうを読み続けたいと思います。
おやすみなさい<(_ _)>Zzz
2009/11/20(金) 03:15:02 | URL | Kashila #0GIMA5Zs[ 編集]

なんでだろう、目から水分が…

ママチャリのように明晰?ではないので上手く言えませんが
ぼくちゅうはママチャリがいるからぼくちゅうなのであって
ママチャリを中心に繋がってる物語好きですよ。

いつまでもママチャリには一番輝いていて欲しいです。

僕の一方的な思いですが
2009/11/20(金) 03:17:04 | URL | まっつんつん #-[ 編集]

そうだったんですか。
病気のことはよくわからないけれど、大事な人の記憶から自分が消えていくって辛いですね。
それでも生きてさえいてくれれば、親孝行も愛情もいっぱい注いであげられる。
私は高校生の時に父を亡くして、父を思い出すときには後悔ばかりが出てきちゃうので、
どうぞ後悔しないように、くろわっさんが色んなこと、覚えていてあげてください。
2009/11/20(金) 03:23:11 | URL | りくちん #-[ 編集]

病気って嫌ですよね。誰もなりたくてなる訳じゃないし…

ウチの兄は脳に障害あって、何でもすぐ忘れるし何度も何度も同じ話するしヨダレとかも垂らしてても大好きな兄です。

記憶をなくしてしまっても、たみ子サンはたみ子サンやし、ウチはタカさん大好きです!!
2009/11/20(金) 03:24:07 | URL | みろりん #-[ 編集]

いいと思いますけどね。
自分のブログで
自分が書きたいことを書く、
本来はそういうものな訳で。
別に自慢しようが、
書き手の自由ですので。
それを読者が云々言うのは
なんか違うと思うんです。
「読者」のブログでは無く、
「ママチャリ」のブログですから。

陰ながら応援させて頂きます。
がんばれ、ママチャリさん!
2009/11/20(金) 03:27:08 | URL | ike #-[ 編集]

なぜちょうどこの時間に起きられたんだろう?膝にでかいスズメバチが止まって「あー、こりゃダメだ。いや、これ夢だ!」って感じで起きたんですが(笑)


そうだったのですか・・・。
大切な人の記憶から自分が消えてしまう。そのような経験はまだ無いのですが、それはとても苦しい事なのだろうと思います。
だから、何かに残したかったんですね。忘れられない700日を過ごした事を。大切な人達を。

たくさんの読者がいて、たくさんのイベントがあって、周りの人の力でも成り立っているイメージがありましたが、突き詰めれば、最初っからくろわっさんの思出話なんですよね。夢みたいなホントの700日。それは読む人をワクワクさせ、感動させ、病気に打ち勝つ力とさえなりました。ただの自慢話でも、何かが変わる。それって凄いですよね。

だから、これからもガンガン自慢してください。ぼくたちは、その自慢話が大好きなんですから。
2009/11/20(金) 03:29:32 | URL | けーち #0MXaS1o.[ 編集]
はじめまして
初めてコメントします。
映画をきっかけにブログも拝見させて頂くようになりました。
仕事に追われ体も心も疲れていてもぼくちゅうで元気を頂いてます。

ママチャリさんはとにかく好きなように書いて欲しいと思います。

色々なしがらみが多くなってるのではないかと思いますがあなたが好きだからぼくちゅうを読むのであってそうじゃなかったら離れればいいだけと思います。

いっぱいママチャリ自慢してください。

稚拙な文章で長文失礼致しました。

今後もよろしくお願いします。
2009/11/20(金) 03:30:06 | URL | ごっち #-[ 編集]


ショッキングな話でした

ついつい小説の年齢で創造してしまうけどみんな30以上年をとってるんですものね


>数万人をつきあわせて書くほどのものなのか?


くろわっさんがつきあわしているんでなく読者が(僕ちゅうおもしろい、大好きだ)と思って自分からつきあっているんですから


書きたいと思ったものを書いてくださいね(^-^)


2009/11/20(金) 03:34:47 | URL | ひー #5KX0W5rM[ 編集]

タカさんの病気が少しでも改善するよう祈ってます。


かなり久々に、(およそ一年ほどの間隔あり)ぼくちゅうを覗きに来ました。

ひょっとしたら700日戦争は完結してしまってるんじゃないか。
ママチャリ達の話は終わってしまっているんじゃないか・・?
でも続いていたら嬉しいなぁ、という気持ちを抱きつつ見にきてみたところ、このような記事を見かけたため思わず文章を打っているところです。

読者である私たちに対して、くろわっさんが小説を考え発信する、というのがこのブログのスタイルだと考えていました。
でも、「それ以前に、僕が残す、僕のページでもあるわけで。」という文字を読んで認識が変わりました。

ママチャリについての話をたくさん書くことで、タカさんの記憶から失われていくものの補填(うまい表現が見つからない;)をしているという解釈を私はしました。

やるせない気持ちがどこかにありつつここ一年ほどは話を書き続けておられたのではないかと推測します。

無理はしないでください。
しばらくブログに足を運んでいなかった自分が言えることではありませんが、多少は更新を休んだっていいと思いますので・・。

それでは長々と駄文、失礼しました。
2009/11/20(金) 03:43:34 | URL | しみたけ #AwaQ7D4g[ 編集]

アルツハイマー、現代の病気で家族が悲しい思いをする代表的なものですねぇ・・・。

いっそガンであったなら、抗がん剤に放射線治療にと考えるであろう、がしかし南田洋子さんの例ではないですがぁ・・・。

家族を忘れ、普段の生活にやる気を失い、一番大切な”愛”をどこかに置いて来てしまうのでしょうかぁ・・・???かなしいなぁ・・・。
2009/11/20(金) 04:11:44 | URL | 経理のおばん #5uDVk7ho[ 編集]

くろわっさんに、神童タカさんに、多くの幸せが訪れますように。

タカさんの症状が少しでも改善に向かうことを祈っています。

くろわっさん、頑張り過ぎないように身体に気をつけて下さい。
これからも読者であり続けます。
毎日ありがとうございます。
2009/11/20(金) 04:18:33 | URL | しょう #-[ 編集]

>しみたけさん
ども。ホントおひさしぶりですね。
まぁ、夜中なので、またこのような記事を書いているのだと思うんですが(笑
そのうち、また消すでしょう。

時系列を遡ると、その時期にみんなでやったことは、「すでに書いてある」というのが、なんと言っても大きいわけですが、薄れていく写真のぶんを補完したくなっていたのは、確かですね。
それは「バリトンくんを出そう」と思った時と似ています。

ぼくちゅうは続いていますよ。
たぶん、もう1000話くらいは平気でいけるでしょう。
これは、書いている僕も、読んでいる人にとっても、ここに生きた証しですから。
2009/11/20(金) 04:27:47 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]

>けーちさん
必ずしも、僕の思い出話ではないですね。
どのモデルも、キャラを立てるためのものなので。(もちろんママチャリも)
ただし、モデルとなった人は、全部実在しておりましたので、まぁ、想い出じゃない、というと嘘になります。

ここ半年、母のことについて書くべきか、悩んでいたんですが。
やっぱ書いちゃダメだったかなー。
2009/11/20(金) 04:44:13 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]

私はブログ始めたおかげで…
祖母に『本当はお母さんになって欲しかったんだよっ!!』って。
やっと言うことができました、というか…数ヶ月前ですね、
やっと書けました(笑)
祖母は…もう私のことなんて親族の誰か、
知り合い程度?にしか見てないんでしょうけどね。

それでも…言葉として残せてよかった、と思ってます(*∩_∩*)


死への恐怖を緩和させるため…ですものね。
自然の摂理なんですものね、、、、(ノ_・。)

ここ、また読み返したいんで消さないでほしいですっ!!
2009/11/20(金) 04:47:27 | URL | sorciere #jvtzGxTA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 05:19:30 | | #[ 編集]

ぼくも去年か一昨年かにおばあちゃんが認知症になりました
そんなに好きだったわけじゃないんですが、ショックでした。
名前を聞いても思い出せない、思い出しても話してる途中で忘れる。別の人と間違えられる。

それが、お母様だったらなおさら辛いことだと思います。
blogの方はお金とってるわけじゃないんですし、好きに書いて良いと思いますよ面白ければ。
2009/11/20(金) 05:50:13 | URL | EGU #-[ 編集]

付き合わせてる?
何を言ってるんですか!ぼくちゅうが面白いから、「付き合わせて」もらっているんです。
これからも面白いぼくちゅう、楽しみにしてます。
くろわっさん、御慈愛下さい。
2009/11/20(金) 05:59:04 | URL | うっち #-[ 編集]

涙が止まりません


2009/11/20(金) 06:00:13 | URL | マヒロ #-[ 編集]

ここはくろわっさんのブログ。
何を書くのも自由ではありませんか?著者なのですから。
そしてコメントを削除するのも、もちろん自由。

自慢話の何が悪い?書きたい事を書くのが何が悪い?

くろわっさんが「そうなんです」と言うならば、
毒者はそれにお付き合いさせていただくだけです。

わたくしごとですが、、わたしこそ。。。母にその存在を忘れて欲しい。
望んでこの世に産まれてきた子ではないのだから・・
2009/11/20(金) 06:01:49 | URL | あとむ #2IUkzAbg[ 編集]

うちの母はまだ斑呆け程度なんですが病気で弱ってしまうのも心配ですが自分の存在を忘れられてしまうと言うのは1番悲しいきがします。先輩方の助言もあり、母の呆けにも付き合うようにしました。(当当初は怒ったりしましたが・・・)豪傑豪快だった頃のタカさん文字で残してください。
自分自身の思い出も薄れないように。

神童タカさんまではいかなくても家の母も近いものがあったらしいですから(母の同級生や後輩)私の母として置き換えてみたりするのも楽しみにしてますんで・・・
2009/11/20(金) 06:03:23 | URL | 迷探偵ご難 #WnMeKZHM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 06:05:23 | | #[ 編集]

切ないお…

気付けて良かったですね。
いち読者としては、くろわっさんがブログを書き続ける大義名分(?)がひとつ増えて、胸を撫で下ろしています。


おタカさんにお会いしたことはありませんが、

読者はあなたを愛してます。
あなたのような母親になりたいと思ってますと、
どうかどうかよろしくお伝え下さいませ。
2009/11/20(金) 06:17:52 | URL | アヤ #WDM361t2[ 編集]

そうでしたか・・・。

親(しかも聡明な)に自分のことを思い出してもらえなくなることって、相当つらいと思います。

逆に、母とて自分の子を忘れていくなんて望む人はいないでしょうから、その気持ちを考えると、これもつらいですね・・・。


色々と心の葛藤があったと思いますが、主役はやっぱり「ママチャリくん」なので、思う存分書いてほしいと思います。


「おつきあい」いたします!

2009/11/20(金) 06:25:57 | URL | かっぺたん #knr25k1o[ 編集]

数万人の読者のほとんどは、ママチャリのイタズラや、くろわっさんの話に夢中になってる人です。

くろわっさんのブログなんですから、くろわっさんが書きたいものを書けばいいと思います。たとえ、それがママチャリの自慢話だとしても。

毒者はくろわっさんについていきますよ。
2009/11/20(金) 06:30:09 | URL | カチュウ #-[ 編集]

おタカさんが大好きです。憧れの先輩母さんです。
そうだったんですか。
ママチャリさんの心情を思うと本当に言葉が見当たりません。

でもね。ここはママチャリさんのブログですから、好きなだけ好きな通りに書いて下さい。
バンバン自慢して下さい。
ママチャリの自慢話大好きですから。

私はいつまでもママチャリのファンです。
2009/11/20(金) 06:43:45 | URL | yaf #Ybw1CIdM[ 編集]

ちょうどその頃に「今日は実家に帰って来ますので」とおっしゃる事が多くて、仙台から山形、同じ東北とは言え盆暮れでも無いのに何かあったのかと心配したものでしたが。(関係なかったかも知れませんが。)

多少なりとも誰もが通る道とは言え、元が聡明なお母様の事。お察し致します。
2009/11/20(金) 06:45:21 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]

アルツハイマーはテレビや映画で見た程度の知識しかありませんが、自分のことを忘れられていくというのは本当に恐いですね。
本人も辛いけど、それ以上に周りが辛い病気だと思います。

読者が多いといろいろ気を使ってしまうかもしれませんが、商業誌に載せてるわけではないので気ままに書いていいと思いますよ
もっと我が道を行きまくってるブログなんて、山ほどあるんですから。
読者のためっていう以上に、くろわっさん自身のために存在させちゃってください
ブログなんて、それで全然いいと思います。
2009/11/20(金) 06:47:17 | URL | ゆきんこ #-[ 編集]

大好きで とても尊敬して一番自分を忘れて欲しくない人の記憶から 自分の存在が消えて行くことは切ないですね

くろわっさんがいた証を書き記したいと思うのは自然かもしれません

ここはくろわっさんのブログであり 何を書いてもいい筈ですが リクエストに応えてもらえるので こちら側はつい毒者目線の意見を書いてしまいます


ここでお母様の状況をカミングアウトされて 少しは心の荷は降りましたか
2009/11/20(金) 06:52:26 | URL | まぁちゃ #-[ 編集]

幸いうちの祖父母はそういうことありませんでした。
よく考えてみると、自分のこと忘れられてしまうって、こんなつらいことないですょね。
でも、僕はアルツハイマーの仕組みとかはよくわかりませんが、タカさんはくろわっさんのこと心(実際は脳ですが、)の奥底では絶対に覚えてらっしゃると思います。忘れるわけないじゃないですか。あんなバカばっかやってた息子のこと(笑)ただ単にその記憶が表面に出てこなくなってしまっただけだで・・・・・消えてなんかいませんよ・・・・
僕はそう思いたいし。きっと、そうです


全然いいですょ(o^-')bくろわっさんの気持ち全部吐き出しちゃって下さい!くろわっさんのブログですもん。人数なんか関係ありません。ただついてきてるだけです
2009/11/20(金) 07:04:07 | URL | うちゅ~ #iSZJEzHM[ 編集]

似たようなコメント書いたことありますね。
感じたままでしたが、正解で、でもこんな理由が…。

でも、気にしちゃダメです。気にして小説書けなくなっちゃったら、その方が苦しいです。
それに、自分のは単なるママチャリへの、モテなかった自分からのひがみですから(笑)
そして、ママチャリで追体験させてもらってます。
それが楽しいのです。
2009/11/20(金) 07:14:00 | URL | ジンジャ~ #-[ 編集]

この ぼくちゅうというブログは くろわっさん中心に回ってるんです!

心に残ったどんな事でも
打ち明けてください。
そうすれば 少しは楽になりますよ。

ママチャリの自慢話僕は
好きです!このぼくちゅうという世界で のびのびと
しているママチャリを見るのが 日々楽しみです!

そしてこれからも応援しますよ
くろわっさん!!だから
辛かったら辛いって
いってください。ぼくちゅう毒者が支えてくれるはずです!
だからこんないい物を書き続けてください!
2009/11/20(金) 07:15:56 | URL | グリーンカレー #-[ 編集]

どんなささいな内容であれ、僕たちのコメントはくろわっさんの心に投じられ、波紋を作る一石です。最近特に批判的なコメントが多く感じますが、そんな一文を目にした時のくろわっさんの胸の痛みは考えているのかな?軽快な切り返しや真摯な回答を返しておられるからといっても確実に心に暗い陰をおとしていると思います。みなさんは好きなようにコメントしているのに、くろわっさんの自由な表現を批判するのは筋違いではないでしょうか。あくまでも持論です。誰も批判したい訳ではないです。十二分に考え抜いて悩み続けて物語を綴っておられるのはみんな解っているはず。今後もわだかまりなく自由なぼくちゅうを楽しみにしています。
2009/11/20(金) 07:15:59 | URL | まるきゅう #-[ 編集]

そうだったんですか...

僕は前のぼくちゅうも今のぼくちゅうも大好きです

これからも更新楽しみにまっているのでがんばってください
2009/11/20(金) 07:25:18 | URL | 家来21号 #Lis.ZDmI[ 編集]

思ってること、全部吐いて良いんですよ。
ぼく駐毒者が全力で支えますから。
自分が凄く辛かったトキ、このブログを見て励まされたし、こんなことでめげちゃ駄目だ、って思わせてくれた。
だから、ママチャリサンが辛いトキ支えてあげたい。
頑張ってください。
2009/11/20(金) 07:30:41 | URL | カスタム #-[ 編集]

思ってること、全部吐いて良いんですよ。
ぼく駐毒者が全力で支えますから。
自分が凄く辛かったトキ、このブログを見て励まされたし、こんなことでめげちゃ駄目だ、って思わせてくれた。
だから、ママチャリサンが辛いトキ支えてあげたい。
頑張ってください。
2009/11/20(金) 07:30:51 | URL | カスタム #-[ 編集]

どんなに神童と呼ばれても、やっぱり人の子。
忘れてしまうのもしょうがないんですよね…。

くろわっさんの書き方を見てると、タカさんを尊敬している感じが出ていて、タカさんもママチャリを信頼しているようで、素敵な親子関係だなぁと憧れています。


くろわっさんはもちろん、より多くの人の記憶に残していけるのもブログ小説の利点だと思うので、書きたいように書き続けてください!
2009/11/20(金) 07:35:19 | URL | かるみん #TIXpuh1.[ 編集]

あたしも皆のコメントに賛成~です!!
ここは、くろわっさんのブログです。
好きな事やってください。
自慢話じゃないですよ
これはママチャリくんの青春話ですよねー

応援しています。
2009/11/20(金) 07:38:20 | URL | ☆しほ☆ #-[ 編集]

確かに、タカサンの出番が減ったのは気づいていましたが、そんなコトがあったなんて露ほども思ってませんでした…

後悔先に立たずと言いますが、やはり照れ臭くても何でも、親孝行は出来るうちにやっとけってコトですよね

ぼくちゅうは毒者のものだけじゃないし、「ブログ」なんだから自分の為に、自分のコトを書いて当然

少なくともウチは以前も今もぼくちゅう好きですよ
2009/11/20(金) 07:39:38 | URL | nemi #-[ 編集]

アルツハイマーも特効薬が作られると言う話が出ては消えてますね。治療法は進歩はしているのでしょうか

ほんとに好きに書いていいと思いますよ。それで嫌になる人がいればその人は読むのをやめればいいだけの事。毒者はついていきますよとは言えません。感性は人それぞれですので。

ただ私はこの後どのような話になろうと最終話まで読みますが。このページがある事でくろわっさんが今後の話をもしも書きにくくなるのなら、消す事もくろわっさんが自由にしていい事だと思います。
2009/11/20(金) 07:40:47 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]

実は、このところお母様のことを書かれるのがお辛いのではないかと薄々感じておりました。

以前、こちらのブログで、お母様の記憶力が
以前ほど鮮明ではなくなったことを嘆いていらっしゃったので・・・
このところ、めっきりタカさんの出番が少なくなったのは
やはりそういったご事情だったのですね。

私だけではなく、他の読者の方も察していた方は少なくないと思います。


でも僕ちゅうを読んでいれば、
わっ様がどれだけお母様のことを大切に思っていらっしゃるかが伝わってきます。

私のような若輩者が語ることではありませんが、
こんなにお子さんに愛されて、お母様もお幸せだろうと思います。


これからもお辛いことはあるかと思いますが、
その時はいつでも奥様やこちらにその気持ちを打ち明けてくださいまし。

愛してるよ~*:.。☆..。
2009/11/20(金) 07:44:59 | URL | みつもも #1wIl0x2Y[ 編集]

確かに今は読者さん多いけどもともとブログなんて自分のために書くようなもんじゃないですか
好きなこと書いていいと思いますよ

2009/11/20(金) 07:45:28 | URL | ほるん #-[ 編集]


ブログなんだから好きな事を好きなだけ書けばいいと思いますよ\(^^)/

お母さんを支えながら、これからも頑張ってくださいな(・ω・)!
2009/11/20(金) 07:50:40 | URL | もりを #-[ 編集]

自分の大切な人の記憶が消えていくというつらさはとても分かります
実は僕も祖母が一年前アルツハイマーになりました
日に日に消えていく記憶
昨日まで覚えていたことが次の日には忘れている
それは自分も祖母もつらかったと思います
いつからか僕の記憶も薄れて行き…

人は二度死にます
一度目は死という運命にであったとき
もう一度は人に忘れられたときです
そのぐらい記憶というものは大切です
その記憶が大切な人から消えていってしまう
そのときは僕も自暴自棄になったりもしました
ママチャリさんはその苦しさを乗り越えてブログを書き続けることは本当にすごいと思います
これからもお母さんのため、自分のため、そしてぼくちゅう読者のためにも頑張って書き続けてくれるとうれしいです
2009/11/20(金) 07:54:44 | URL | 神威 #-[ 編集]

たかさんがアルツハイマー、そうだったんですか…。でも僕はたかさん好きなキャラなんでこれからもどんどん出していってください!

それとどこかの本に「フィクションだからこそノンフィクションじゃあ救えられなかった話も救えるんだ」と書いてありました。ぼくちゅうは本当の話と作り話を混ぜた話なんだからどんどんたかさんを出して言ってどんどんキャラを美化していって、『これが母ちゃんだよ』って胸張って言えばいいじゃないですか。

そして読者とたかさん両方に笑える話を作ればいいじゃないですか。

がんばってください、くろわっさん
2009/11/20(金) 07:58:56 | URL | 大福 #-[ 編集]

おはようございます

くろわっさんは今まで何回も誰かのため、みんなのためにたくさんこの小説を書いてくれてるんですから、自分の書きたいように書いてもいいと思います。

だってくろわっさんの小説ですから(^ω^)

アルツハイマーって自分の家族とか親戚にはあんまりいなくてくろわっさんの辛さはわかんないけど、経験者(?)の話を聞いたらなんで?ってことの連続で、病気だから仕方ないんだけどなかなか周りが受け入れられなくて…って話を聞きました。

くろわっさん!頑張ってください!!ずっと応援してます(^O^)

いつもありが10☆★

2009/11/20(金) 08:21:51 | URL | あやか(^ω^)♪★ #-[ 編集]

再長コメでスミマセン。

痴呆を遅らせるお薬は一応?あるけれど…年代のせいかな、
『薬は毒!!』って思っているのか処方薬なのに飲みたがらないんですよね…
うちの祖母はお薬、捨てたり隠したりしてました^^;

薬ったって…特効薬でもなければ多少の現状維持にしか過ぎず…
意識があっても体力がどんどん衰えてくばかり。
ついにはトイレも行けなくなりました、、、(ノ_・。)


おくすり…飲む?飲まない?

『体力』 VS 『記憶』、

いったいどちらが大切なんでしょうね…。



くろわっさん!
記憶が確かなうちに、字が書けるうちに、ペンをちゃんと持てるうちに、
キーボードが打てるうちに、視力が衰えすぎないうちに、パソコンを使う気力があるうちに、
どうか…これからもたくさんの言葉を残してってくださいっ!!


ブログだからできること、

ブログなのにできること、

ブログにしかできないこと、

ママチャリだから、できること、

まだまだあると思ってます!!
blog magic!これからもたくさん起こしてくださいね☆


まだ…みどりちゃんの存在も解明してません(笑)
黒岩さんのことも、もっともっと知りたいです!!

おタカさん!ダ~イスキッ!!ヽ(≧∇≦)ノ♪
2009/11/20(金) 08:37:19 | URL | sorciere #jvtzGxTA[ 編集]

そうです。そうです。以下同文。


くろわっさんのブログなんだから好きなように書けばいいんです。
100%フィクションになったっていいんです。
それで気に入らなければ読まなきゃいいんです。


痴呆というのは大変でしょう。
でも、痴呆だからと言って「廃人」になったというワケではなく、人格も知覚も残されています。
『あなたは誰?』と言われて、ただ、忘れられたという事実だけで哀しむのではなく、「忘れてしまったからお聞きしてるんですよ」というお母様からのメッセージだと思って下さい。
忘れてしまったことに気付いておられるということですから、そう悲観的になる必要もないでしょう。

他人様の事を口で言うのは簡単なんですがね。

ちなみにわたくし。
ボケた父から死出の旅路に際し、最後に言われた言葉。
『バカヤロー』ですから…。
看病の果てのお礼が『バカヤロー』ですから…。
もちろん、「クソ爺ぃ!」って、送ってあげましたともさ。(^^ゞ
2009/11/20(金) 08:46:25 | URL | 雪中梅 #QirE47qw[ 編集]

くろわっさんがホントにモテたから仕方ない★ゎら
でもその人はよく気づきましたね∑( ̄口 ̄)
その人もかなりぼく駐が好きなんだと思います♪
私が高①の時
大好きだったおばあちゃんがアルツハイマーにかかりました
父のこともおばのこともわかんなくなってました
もちろん私のことも…
多分私は孫で一番可愛がってもらったと思います
そのばあちゃんと最後会った時
血相変えて「お父さんを大切にしなさい!」
と私の手を強く握りながら言ったのを覚えています
その瞬間だけ
意志が強くいつも優しかったばあちゃんが戻りました
そばにいた父も親戚もとても驚き
嬉しくて悲しくて涙が出ました

だらだらと長く中身のない文章でスミマセン
2009/11/20(金) 09:07:11 | URL | とらきち #-[ 編集]

お久しぶりです。
タカさんの事、なんと言って良いか分かりませんが
大事な記憶は「秘密の箱」にしまっちゃったんでしょう。
そして誰も見てない所で、こっそり開けてるかも。
きれい事で済ませれないのは想像できますが
どんなタカさんでも、タカさんにはかわりありません。
ずーーーっと尊敬し続けます。
2009/11/20(金) 09:20:18 | URL | ひなた #-[ 編集]

くろわっさん  神童たかさんの話を読むたびに愛情を感じて親しみを覚えてました。

病気は残酷ですね。
お母さん孝行、悔いのないようにしてください。

ここはくろわっさんのぶろぐです。
みなさんの言うように好きなように書いて良いんですよ。
自分の思うままに。。。
無理せずにね~

体に気を付けてくださいね
2009/11/20(金) 09:29:36 | URL | しょうたまま #xGBkLi0E[ 編集]

くろわっさまのブログですもの。
ご自分の書きたいことをお書きになれば良いかと思います。
私は、くろわっさまの綴る文章を楽しみに読ませていただいているだけ。

どうぞ、くろわっさまの中の「ママチャリくん」を大切に
してあげてください。
読者が何万人「ママチャリくん」を覚えていても、「タカさん」には
きっとかなわないのでしょうけれど。
2009/11/20(金) 09:38:05 | URL | だんでらいおん #DhuRAo1g[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 09:41:32 | | #[ 編集]

タカさん(たみ子さん)がそういう状況とは…そっちのほうがショッキングでした。
平均寿命は伸びましたがいつまでも元気でいるのはむずかしいですね…

かってに読んでかってに離れていくだけならまだしも、公共の場で文句までいう神経はよくわかりませんが…

ブログ形式というのは内容がよければどんどん人がついてきて、そうでなければただ離れていくという、書籍など宣伝がからむ他のメディアより実はプロフェッショナルな世界だと思います。

そのなかでこれだけのアクセスやコメントに支持されているのですから、自信をもって書き続けていただけるようお願いします。数万人の一人としてつきあわせていただきます。
2009/11/20(金) 10:08:54 | URL | そうた #-[ 編集]

くろわっさんのブログなんですから、くろわっさんの書きたいことを、残したいことを書けばいいのだと思います。
本当にぼく駐が好きで、くろわっさんのことが大好きな読者は、勝手についていきますから!
救われた読者がいることも本当なんですから。 だから、今度は自分とタカさんを救ってあげてください


2009/11/20(金) 10:09:45 | URL | 葵 沙羅 #-[ 編集]

そうだったんですか。。
そんなことは微塵も感じさせず毎日毒者を笑いのドツボ(?)に嵌めているなんて、わっさんはやっぱすごいっす。

うちのばーちゃんもアルツで。
少し前まで被害妄想が酷くて見ていて可哀相でした。
今は何もわからなくなって子供のようですが、でもわたしには今のばーちゃんの方が妄想で苦しむより幸せに見えます。母はやはり嘆いていますが。


なんて言うか…くろわっさんがこうやって本音を吐いてくれるとほっとします!
なんでか分からないけど…
弱音でも愚痴でも、話してもらえるのってなんか嬉しいですよ!

大変な中執筆をしてくれてるなんて…本当に頭が下がりますm(__)m
2009/11/20(金) 10:14:59 | URL | yug♀ #-[ 編集]

>皆様
つらくない、と言えば嘘になりますが、母も僕も相応の年齢なので、ある程度のことは覚悟をしていました。
たぶん医療や食生活が発展して、脳よりも体の寿命がのびたのでしょう。
死の恐怖にかられて生きるよりは幸福、とさえ思います。

母の中から僕の記憶がまったくなくなった時、それが自分の母と言えるのか?という問題も考えたりはしましたが、その肉塊のひとつでも残っていれば、やはり、母は母です。
僕も赤ん坊だった時は、母の名前も知りませんでしたから(笑)

他の人と、少しだけちがうのは、僕が「高校時代の小説を毎日書いている」ということで、毎日、克明に思い出す作業をしている、ということです。

読んでいてもわかるように、ママチャリのルーツは、神童タカさんにあって、最後の最後まで、母にかなわない息子がいるわけです。

その神童タカさんと、母は、ある時期までまったく同一人物だったのが。少しずつ遠ざかっていく。

やはり、意識とは別に働くものがあるのだなぁ、と。

とりあえず、吐露してスッキリしました。
普段こういうのは、mixiでしかやらないので。
2009/11/20(金) 10:23:08 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 10:29:26 | | #[ 編集]

いろんな想いを抱えて 人間は生きてるんですよね。
人間の数だけ 人生の数や想いがあって当然。
おタカさんのような母になりたい、と何回かコメをしましたが それはホント変わりません。
私の友達も50代半ばからお母さんがアルツハイマーになり 悩んだり 闘っています。
それでも私が遊びに行くと たまにビックリするほど鮮明に昔の事を喋りはじめます。
現在が全て じゃなく 今までの人生が全てなんだ…と友達は言います。

くろわっさんのブログは くろわっさんのものです。 自由に…が いいと私は思うな。
私はくろわっさんのブログに救われた一人だから…
2009/11/20(金) 10:34:46 | URL | nonna-chan #-[ 編集]

昨日のコメント、私も気になってました。楽しみにしている読者さん、いっぱいいるわけで。卒業するなら捨て台詞みたいの残さず、黙ってフェイドアウトして欲しいな、と。まだ私は短いお付き合いですが、一話のコメントから全部読み返して、くろわっさんのブログに対する思いを感じていたから。うまく表現できないけど、みんなの愚痴やわがまま?聞いてくれるくろわっさんが、つらいことを打ち明けてくれてまた身近な存在になりました。
2009/11/20(金) 10:36:22 | URL | うりりん #BqLG724Q[ 編集]

くろわっさん、色々な思いがおありのことと思います。第三者の私が何か書くことすらおこがましい気がします。すみません。
ただ1つ確かにいえる事は、くろわっさんのメッセージはたくさんの人に、笑いと希望と勇気を与え、また時に様々な問題を考える機会を与えてくれました。
本当に素晴らしい事です。だからこんなにたくさん読者がいるのです。そしてくろわっさんはスーパーマン的存在になっている気がします。
でもくろわっさんも1人の人間です。私たちと同じ。

私は無力でくろわっさんの力にはなれないですが、くろわっさんとタカさんがこれからも幸せな日々が過ごせますよう心から祈っております。
2009/11/20(金) 10:52:36 | URL | ゆきだぬき #-[ 編集]

十人十色で色々その時々でも人は感じ方や捉え方が変わるので、何ともいえませんが、ココが好きな人はそのまま残ると思いますから、そういう方はみんなくろわっさんのブログに付き合いますよ。

それに、ココはくろわっさんのブログだからくろわ流で良いと思うし、くろわっさん読者さんのそれぞれの事情を考えながら書くなんて並大抵ではないと思います。

くろわっさんのその時々の書きたい事を書けばいいですよ。

あくまでくろわ流で。
2009/11/20(金) 11:34:41 | URL | taka #-[ 編集]

そんな思いの中の執筆
大変だったでしょうね・・・

僕は
ぼくちゅうが
ママチヤリが
タカさんが
たみ子さんが
大好きです!!

じゃんじゃん自慢しちゃって下さい!!
2009/11/20(金) 11:51:43 | URL | siva #-[ 編集]

大好きキャラ神童タカさん。
タカさんの言葉に幾度も涙しました。

くろわっさんのお母様ですが私たちのおかあちゃんです。病気の知らせを聞けば驚き悲しくなります。
小説のキャラクターの一人だけどそれだけのことを残したと思っています。

自分の母親もそうですが、親は特に母親は子供からすれば絶対で、完全無欠です。それがやがて年を取り、母親が衰えてくると本人以上に子供達の方がショックで怒りがこみ上げてきたりします。
誰もが通る道と頭では分かっていても、子供からすれば信じられない。私もS34年生まれなのでそういう時期になってきました。

神童タカさんを書いてこられたこと、タカさん本人は忘れても書いてくださったくろわっさんもこのブログを読んだ私たちも決して忘れることはありません。
年取って消えてしまうまでたぶんあと何十年かは。


くろわっさんのペースで思うとおりににお書きください。私は読み続けていきます。
2009/11/20(金) 12:01:11 | URL | noel #iLhlKqZk[ 編集]

ども、38日目です。アルツハイマー、ですか・・・・・・記憶障害関係って、本人自覚が少ないのが一番恐いんですよね。家族があまり重病にかからないので、(じいさんは生まれる前に癌で逝きましたが)そういったときの心境は分かりませんが、家族を思う気持ちは分かってると思ってます。ですから、ママチャリさんの自慢話も。映画で伝えられなかった事実も。僕は、反対はしません。そもそも、くろわっさんのブログなわけですがね。
2009/11/20(金) 12:20:20 | URL | タクミ #p3qxltUc[ 編集]

タカさんがご病気とのこと、一読者としても悲しいかぎりです。

今週号のモーニングでも、「天才柳沢教授の生活」で同様のテーマが扱われていました。
あんなふうにポジティブに考えられたらいいなと思いました。

あとブログは、自慢話だろうが何だろうが、有料だろうが無料だろうが、書きたいものしか書けないと思うし、逆に書きたいことを書かないと面白くならないと思います。

僕が面白いと思って読んでいるので、少なくとも僕にとっては良いブログ小説ですよ^^
2009/11/20(金) 12:20:41 | URL | さいとう #-[ 編集]

ママチャリがもててたことは多分、ぼく中毒者なら誰でも知ってることだし。

私は「あーまた書いてあるよ」くらいにしかおもってなかったのに、裏にはそんな事情があったんですね。。
全然気付きもしませんでした。

私は、くろわっさんのブログが好きで、楽しみに読みに来ているだけですので、読者の為に書くことよりも、自分の為に(くろわっさん自身の為に)書くのって、そもそもブログだったら当たり前のことですよね。

神童タカさん、ぼくちゅうの中では輝き続けていますから☆
モテモテのママチャリも、神童タカさんも大好きです。


・・・・・でももっともっと大好きなのは、やっぱ、西条くんに変わりはないですけども(笑)
2009/11/20(金) 12:42:42 | URL | きょうこ #-[ 編集]
お久しぶりです
くろわっさんはそんななかでエライと思いますよ。

自分も親戚に同じ病気の方がいて自分のことを忘れられるのはとてもつかったです。
くろわっさんは肉親なんでとてもつらいと思います。
けれどぼくちゅうによって助けられてる方も沢山います。現に自分も助けられれてる人のうちですからだからこのままぼくちゅうを続けてほしいです。
2009/11/20(金) 12:44:51 | URL | ユークスー #PTa3Xzzw[ 編集]

今回のことですがオイラのコメントが発端になったような気もして、複雑な気分です。くろわっさんと毒者のみんなに謝らなくちゃいけないなぁ。ゴメン。
だけど、みんなのコメントを読んでいて涙しています。自分の8年間植物状態だった父親を看取った時のことを思い出して…もう、10年前のことですが。みんな優しくてあったかいね。オイラへの言葉じゃないのに不思議なくらい心に染みています。ありがとう。

くろわっさん、辛い時は、辛いって時々は口にした方がいいよ。年上としてのアドバイスです。
2009/11/20(金) 12:51:20 | URL | じゅんや #-[ 編集]

初めてコメントします。
私は海外に住んでおり、この夏ふとしたきっかけでこのブログを見つけ、2週間くらいでなんとか追いつき、今は毎日更新チェックしています。

私の親も、もの忘れが激しくなってきています。
私の場合、年に1度、しかも2~3日帰省するだけなので、会う度にどんどん変わっていく両親にショックを受けます。

こういう状況になって、ようやく「もっと親孝行しなくておけばよかった」と反省させられます。

最近の「ぼくちゅう」は学園モノになり、なかなか「駐在さん」の登場がないのでさびしく感じていましたが、ブログ小説は作者が勝手に書いて、読者が勝手に見ているだけなので、気にせず今「書きたい」と思うことを書くのがいいと思っています。

今後もママチャリの活躍を期待しています。

姉妹が実家の近況を伝えてくれるので、状況はある程度把握できても、実際会うのとやはりキツイものがあります。

特に父は、かつては「厳しい父」というイメージがあったのに今では「弱々しい父」となってしまっているのが本当に辛いものです。

2009/11/20(金) 13:16:34 | URL | mittat #hpwibFzI[ 編集]

つき合わされてる?

NO!

毒者が勝手に手を出して、やめられなくって中毒者になってるが正解!

自慢だろうが、創作だろうが、実話だろうが……
やめられない♪♪♪ 止まらない♪♪♪
2009/11/20(金) 13:40:15 | URL | ウノウノ #-[ 編集]

ママチャリも、タカさんも、
ぼくちゅうも大好きです!

それはくろわっさんが書いてるからなんです

くろわっさんの好きなことを書いてください!

たいしたことなんて言えないけど
応援してます!
2009/11/20(金) 13:44:13 | URL | ガラスいるか #GSsGAf86[ 編集]

わっさんのブログだけど、どんどんひとり歩きをはじめてて
毒者にとっても大切なブログで

だからこそブログの変化に気がついたんだろうな

タカさんがアルツハイマー。わっさんにとっては辛い告白やったと思います

タカさんが大切に育てた息子によって生きた証が残るなんて
素晴らしい事やと思います
2009/11/20(金) 14:04:54 | URL | ラフラ #.sCIqL56[ 編集]

私も、皆さまと思いを同じくしております。

ここはくろわっさんのブログなのですから、
くろわっさんご本人が、書きたいことを書きたいように書かれる、というのが
一番自然なことだと思います。

そんなくろわっさんのブログに、
「こちらからお付き合いさせていただいている」というのが、
私にとってはぴったりくる表現のような気がします。

(といいつつ、
『読者参加型』とうたってくださっているので、
ついつい甘えてわがままなコメやリクエストをしてしまっていますが・・・・・)


神童タカさんが、そんな病魔に見舞われていると
わかった時は、相当くろわっさんもおつらかったことと
思います。
でも、何を言ってもご自分の自慢の息子さんですもの、
心の奥底では、くろわっさんのことを
ずーっとずーっと、大切な宝物としてしまっておられるのだと思いますよ。

もし、お母様がこのブログをお読みになれるのなら、
そして、それによって少しでも、
お母様の病の進行が遅らせられたり、
くろわっさんとの意思疎通のきっかけができたりするのなら、
自慢話といわれようがなんだろうが、
思うように、書き続けていってくだされば・・・。
私はそんな風に思っています。


日々介護に携わっておられると、
肉体的にも精神的にも、相当のご負担がかかられていることと思います。
おつらいときには、ブログで思いの丈を吐き出していただき、
それでもなおおつらいときには、
思い切ってゆっくりお休みになってくださいね。

決して、おひとりで抱え込まれませんように・・・。


くろわっさんご自身、
そしてご家族の皆さまも、
くれぐれもご自愛くださいますよう、
お祈りしております。

長々と乱文失礼いたしました。







2009/11/20(金) 14:36:50 | URL | のびのび #vINYSmso[ 編集]

思いもしなかったお母様のご病気のこと…ショックでした
いつも私たちに笑いと勇気を与えてくださってるくろわっさん、本当は辛い気持ちを抱えていらっしゃったんですね
なんといったらいいのか分からないですけど、間違いなくお母様にとってくろわっさんは自慢の息子さんだと思います
母親にとって息子は、なにがあっても自慢の宝物ですから…
2009/11/20(金) 14:58:24 | URL | ゆいとん #-[ 編集]

このページの本文、皆さんのコメント、視界がぼやけて読むのに大変でした><
つい最近も南田洋子さんのことがありましたし。どんなにすばらしい人でもなってしまうって恐ろしいですよね。
少しでも症状が良くなればと思います。
しかし、たみ子さんがどのような状態になろうが、あのスライド攻撃に数々の名言・・・。
私たちにはぼくちゅうの神童タカさんです♪
くろわっさんもたくさん抱え込まないで、たまには休んだり、ここで吐いちゃってください。
くろわっさんのブログですし、ぼくちゅうには毒者がたくさんいるんですから。

数万人をつきあわせて?
違いますよ、私たち毒者がつきあわせて「もらっている」んです。
たくさん自慢しちゃってください。

っと中学生がえらそうなこと言ってしまいすみませんでした~><
2009/11/20(金) 15:07:08 | URL | 無花果 #tVRb5vQQ[ 編集]

自分が思っていることをどうやったら上手く伝えられるのか…
文才がないので思った通りに書くのをお許しください。

仕事柄アルツハイマーと呼ばれる方たちとお付き合いをする機会は多いです。そして、そのご家族とお話をさせていただくことも…
お付き合いさせていただく中で彼女らの一言一言に反応させられてしまいます。怒りの気持ちを持つことも笑いの気持ちを持つことも、あります。それが仕事をする人間としてプロフェッショナルな行動かと言われればNOですがね。

よく言われることですが、アルツハイマーは近い記憶から消えていきます。あんがい昔のことは覚えていたりするのです。
彼女らが興奮し、現状がわからなくなったら昔の話をすると気持ちが落ち着くことが多いです。息子さんの小さい頃の話、息子さんの生まれた時の話、息子さんの名前の由来…更には彼女らの小さい時の話。お手玉が得意だったこと、ガキ大将が苦手だったこと、兄弟げんかをして怒られたこと。先ほどまでの興奮が嘘のように饒舌になります。

ブログが始まったのはおタカさんの人生で言えばものすごく最近のこと。忘れることだってあります。でもきっと、くろわっさん様が生まれた日のこと、育てた日々のことは覚えていますよ。


何が言いたいかわかんないですね。


それと…おっ はこの米欄読んで幸せだな とも思いました。1人のためにみんなが自分の思いを伝えたり、励ましや労ったり、優しい気持ちがあふれてるなって思えて、おっ がそんな場所を知ることができたことを幸せに思えました。

もし、くろわっさん様が許してくれるのであれば、おタカさんにこの米欄を読んでいただきたいです。おタカさんの話だと気づいてほしいとか、そんなことじゃなく、この米欄を読んでもらい、「こんな風に言われてるこのくろわっさんって言う人をどう思う」って聞いてみてください。その時のおタカさんの言葉は今まで毎日様々な思いを受け止め言葉にしてきた、くろわっさん様への言葉だと思います。
おっ にはおタカさん節が上手く思いつきませんが素敵な言葉が返ってくる気がします。


感情ばかりが言葉にならずに溢れだし、伝えたいことも既に自分でもわからなくなってきましたが、これからもくろわっさん様のブログにお付き合いさせてください。
2009/11/20(金) 15:14:10 | URL | おっ #BYFCtGvk[ 編集]
もう何年ぶりかのコメントです。
すでに3年?毎日日課のようにして、ぼくちゅうを見て来ました。
やはり、読者は、くろわっさんの人間ばなれした技に、みんなその裏に人間がいて人生があって書いているということを忘れがちになるのだと思います。
1700話ものギャグ、普通は書けませんよ。同じことのできる日本人ってプロ作家も含めて何人いるでしょう。
それを無料公開しているんですから。

それがそのままママチャリであることを実感させてくれるのも、この小説の大きな魅力で、ママチャリの母像も、やはりタカさん以外にはありえないと納得もさせられています。

このブログは後世まで残すべきで、そこにいるタカさんも残すべき名キャラクターです。
あれほど名言を残したキャラクターは、他の小説にもそうそういませんから。

以下14章「井上くん革命」からそのまま引用。

「あのねぇ。母ちゃんは、お前に人としての心を持つよう教えたけど、聖人君子になれ、とはひとことも言ってないよ?」

「え?」

「人間だもん。いろんな感情あるわよ。万人に好かれようなんておこがましいよ」。

「そうかな?」

「そうよ。嫌うやつもいれば、あんたみたいのでも好いてくれる人もいる。それでなにが悪いの?」

「え・・・うん」。

「好いてくれる人間が嫌ってる人間よりひとりでも多けりゃ、よしとしなきゃ!」

私がこの言葉にどれほど励まされたかは、筆舌につくしがたいものがありました。
タカさん、ありがとう。
2009/11/20(金) 16:04:29 | URL | NESS #-[ 編集]

相手から自分の記憶が消えていくのは辛いことですよね。
皆様のように綺麗に文章をまとめるなんてことはできませんが、同じような事、感じました。

おタカさんの言葉は、本当に深くて、自分の心に残るものがたくさんありました。
どれほど心が救われたでしょうか。
そんなおタカさんの記憶が消えていく事、本当に辛いと思われます。
それでも私の価値観なんですが、その記憶は消えていく、というより、少しずつ時間を溯っていく、というのに近いような気がします。
思い出の1つ1つはもしかしたら忘れてしまったかもしれません。
だけど、「楽しかった」「嬉しかった」などの感情はきっといつも頭の中に残っているんだと思います。

それに、どうか「つきあわせて」だなんて思わないで下さい。
こちらがつきあわせて頂いているんです。
ここはくろわっさんのページなので、好きなように書いてください。
気持ちの吐露でも、なんでもかまいません。
どうかお母様と、自分の体、そして心を、大切になさって下さい。

おタカさんのこと、聞けてよかったと思っています。
書いてくれて、ありがとうございます。


大変読みづらい長文、失礼しました。
2009/11/20(金) 16:27:32 | URL | べあ #RK0OJ0uw[ 編集]

そうですよね
ぼくちゅうはくろわっさんのブログですものね。
それにぼくらは読ませてもらってるのですから
ついていきますよ

でもやっぱり人の記憶から自分が消えてしまうのは悲しいですね・・・

応援してますよ!!
2009/11/20(金) 17:01:01 | URL | Artべ #drymAL6U[ 編集]

そうなんですか。

私には95歳のひいばあちゃんがいたのですが、
たぶん、少し呆けていたのだと思います。
でも、老人ホームによく通っていたので、
私との接点はあまりありませんでした。
ひいばあちゃんは、ご長寿の老人方にありがちな、ケガで寝たきりということはありませんでしたし、病気が長続きしている、ということもありませんでした。

でも、去年の六月に亡くなりました。
原因は肺炎。大往生でした。
私は、ひいばあちゃんにもっと接点を持っていればと後悔しました。

アルツハイマーという病気に、まだ向き合ったことはありません。
でも、日に日に忘れていくのは、当事者にとっても、周りにいる人にとってもつらいことだと思います。
たみ子さんに、このブログを通して、
「このブログ僕が書いたんだよ」
と伝えてあげたほうがいいと思います。
次の日、忘れてしまっていても、
おんなじことを、言ってあげてください。
そうすれば、その次の日、覚えているかもしれませんよ。

長々と長文失礼しました。
2009/11/20(金) 17:11:48 | URL | 香 #-[ 編集]

ママチャリさんすごいナー タカさんがそんな状態なのに書き続けるって これからもよろしくお願いします  そういえば久コメ
2009/11/20(金) 17:27:13 | URL | ミスターライヤー #-[ 編集]

ママチャリさん、だいじょうぶですよ
たかさんは心のどこかでちゃんと想ってくれてるはずです。だってママチャリさんを産んだんですから・・・
親子って物は切っても切れないものなんですから

でも、かなしいですよね・・・

大丈夫、みんな応援してくれてます

私は最近おじいちゃんが亡くなりました。前から入院していてあまりお見舞いにいきませんでした。その日は友達と遊んでいて最期を見届けることが出来ませんでした。急だったこともあって涙も出ませんでした。でも、お葬式になるとやっぱり悲しくて涙がぼろぼろ出てきました。
いまになってなんでたくさん会いに行けば良かったとずっと後悔しています。

でも、タカさんはまだ生きています。たとえき記憶がなくなったとしてもわたしのように後悔をしないで下さい。おねがいします。
2009/11/20(金) 17:29:34 | URL | レイ #-[ 編集]


このブログはくろわっさんの
生きた証なんですね!

いいじゃないですか、自慢しても。
だってママチャリくんもててたんですから★

これからもたっっくさん自慢話
聞かせて下さい(∀)!

私はいつまでもぼくちゅうが大好きです!!

2009/11/20(金) 17:45:15 | URL | choco #v6aS4rwk[ 編集]

ぼくは自慢してもいいと思います。もっともっと自慢してください。                                                        これからもぼくちゅう応援します!!                                         ぼくちゅうが好きだから!    
2009/11/20(金) 18:26:34 | URL | ノズ #JBfnb52E[ 編集]

たかさんがアルツハイマー
が治る事祈ります~~

これからもそんなコメントはきにせず
がんばってくださーい~♪
2009/11/20(金) 18:39:55 | URL | 家来22号 #-[ 編集]

私は、一度もおじいちゃんに会ったことがりません。おじいちゃんはお父さんが小さかったころに亡くなられたそうです。私はおじいちゃんが亡くなった事に泣いた事がありません。でもたまに一度会ってみたかったなと思います。
タカさんはまだ生きてるじゃないですか。忘れてしまうのなら、何度も思い出さしてあげてください。がんばって下さい!
2009/11/20(金) 18:43:13 | URL | かおり #K4rJKgq2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 18:52:34 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 18:55:27 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 18:58:54 | | #[ 編集]

ママチャリさん、もっともっと自慢しちゃってください。

私は今まで、ぼくちゅうに支えられてきたのです。
だったらママチャリさんは、ぼくちゅうを書くことでママチャリさん自身の支えとなればよいのではないでしょうか?

すいません、変なこと書いてますね。でも、いつでも吐いちゃってください。ちゃんと聞きますので。
2009/11/20(金) 19:06:56 | URL | わんじゅん #-[ 編集]


そうだったんですか・・・・

ボクチュウはくろわっさんそのもの何ですね・・・

これからももっともっと自慢してください!!!

タカさんの病気が治る事を心から祈っています
2009/11/20(金) 19:10:00 | URL | ボリ―ン #-[ 編集]
消してしまうかもしれないページに
私の祖母は94才まで生きましたが、90くらいから痴呆症状がはっきりしてきて、半寝たきりから徐々に寝たきりになっていきました。

長男家族に介護出来る健常者は、私と同じ孫の立場の者しかいなかったのと、近くに住む親族に引き取れる人がいなかったんで、やむなく老人ホームへ。

山奥の施設だったので、ほとんど面会なし。
私の両親がかろうじて年に数回。

入所して2年めくらいには、実の息子(私の父)を見て「どこのどなたか存じませんが、わざわざお見舞いありがとうごさいます」と…。

その場では耐えた父。

帰り道、母より先に先に歩いていたのは、涙を隠したかったからのようです。

この話しを聞いたとき、言われた父への思いより、その言葉しか出なかったばあちゃんへの気持ちの方が勝ってましたね。

あれから20年ほどの歳月がたち、いつ、私が父の立場になるのかと心配しなきゃいけない年齢になってきました。
私も両親も。

「なんでも順送り。あんたも大きなりゃわかるよ」

死んだばあちゃんの言う通り、大きくなればなるほど、わかることも増え、知りたくないことも知ってしまいます。

認めたくないことも事実として、受け入れなくちゃいけない。
そんな年齢になってしまったんですねぇ。

物忘れが段々増えてきた母を、あるがまま受け入れようと、今日のブログを読んで思いました。
2009/11/20(金) 19:11:02 | URL | みっき~@携帯 #-[ 編集]

昨日、そのコメントを見た時に、そんなのわざわざコメントに書かなくても、自分が読まないでいいだけの話じゃん。
と憤った自分が恥ずかしいです。

祖父母、父母共に健在な私は、正直、くろわっさんの気持ちは分かりません。
しかし、文章で十分伝わりました。
昨日卒業した読者さんも読んでいればな。
2009/11/20(金) 19:14:00 | URL | pikumin #-[ 編集]

よく、子供が一番してはいけないことは、親より先に死ぬことだ、と聞きます。
でも、子供にとって一番つらいことは、親に忘れられてしまう、ってことなんですよね。
忘れないでほしいです。
この物語も、くろわっさんのことも、それを応援している読者達のことも……
2009/11/20(金) 19:28:40 | URL | サクラ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 19:43:32 | | #[ 編集]

びっくりしました。
私の父が、頭を怪我して痴呆になったとき、ぼくちゅうを欠席しました。
くろわっさんは、ずっと書き続けていたなんて・・・
どんなにおつらかったことか・・・
話して頂けてうれしく思います。
そんなくろわっさんだから着いて行きたいんです。
2009/11/20(金) 19:48:05 | URL | アキプン #NRBrZvOo[ 編集]

つらいですね…忘れられるって…

私の同僚にもいます。
そこは発病がとても早かったんですが…
まあ早かれ遅かれアルツハイマーは怖い、悲しい病気ですね

ママチャリ中心結構
カッコよくて結構
モテて結構

ママチャリあってのぼくちゅうです(*^-゜)v
これからも楽しみにしています
2009/11/20(金) 19:52:07 | URL | kimiko #h//dyfX6[ 編集]
くろわっさんへ
神童タカさんのアルツハイマーはかなりショックでした。
でも、せめてこれからも小説の中だけでは、今までの神童タカさんでいて欲しいです。
一番辛いのはくろわっさんのはずなのに、休まずにギャグを書き続けるなんて、本当に尊敬すべき人間です。あなたは。
これからも頑張ってください。
どのような内容でも読み続けます。
2009/11/20(金) 20:20:25 | URL | ゆうき #-[ 編集]

良いですってー!!
ここは小説である前に
くろわっさんのマイページなんですから
何書いたって良いですよ♪
書きたい事おもいっきり書いて、
それで気分が良くなるんでしたら…。

読み手だけじゃなく、
書き手も癒されてこそ、
それでこそ、みんなのぼく駐、
本当のぼく駐パワーですよ♪♪

くろわっさん!
ドンマイ!!
2009/11/20(金) 20:23:54 | URL | らんまる♪ #qwHSwoeo[ 編集]

涙が止まりませんでした…、くろわっさんのお話と皆さんのコメントを読みながら。
何もかも、すべて引っくるめて…大好きなblogです。
2009/11/20(金) 20:25:25 | URL | メロン #f6CisVbY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 20:39:49 | | #[ 編集]

数年前に観たある女性歌手のお話ですが・・・・
彼女の大切なお母様が鬼籍に入られる前にアルツハイマーを煩っておられたとか。

大好きなお母様が自分の事を覚えていない事に本当に悲しんでいると、ある方が
「大好きな方・大切な方から記憶から消えていくんですよ。貴女の事を本当に愛していたんですね」
と言われたそうです。

くろわっさんも本当に愛されていたんです。
お母様の「つまらない映画」というのも、本当は判っていらしたと思います。照れ隠しだと。。。。

くろわっさんの思い通りのブログでいいんです。
だって、みんなそれを臨んでいますから。
2009/11/20(金) 20:42:17 | URL | ままごりら #6kIIvbNc[ 編集]

身近な人間でそういうことを聞くことがないのでとてもショックです

神童タカさん…
ぼくの名前にも「たか」という文字がはいっているのでなんか孝昭と一緒に感情移入してました
快復することを願っています
2009/11/20(金) 20:42:38 | URL | オルグ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 21:02:55 | | #[ 編集]

えー・・・僕なんかに
何か言える気がしないのですが、
大切な人の記憶がなくなっていく・・・
自分は経験したことがありませんが、
その痛みは想像を絶するものだと思います。
せめて、タカさんの症状が少しでも軽くなって、
くろわっさんの言いたかったことが
タカさんに伝えられることを祈ります。

なんか変な文章ですいません。

2009/11/20(金) 21:03:18 | URL | いけにゃ~ #nkp59fIE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/20(金) 21:03:31 | | #[ 編集]

なんか悲しいですね…
今までのことを忘れてしまう、
悲しいです…
それを避けることはできないけど、
今残っている記憶だけでも覚えていてほしい
ですね。
そうでなくても「ぼくちゅう」という
単語だけでも覚えていてほしいものです。
神童タカさん、これからも健康にしてください。
2009/11/20(金) 21:17:23 | URL | ざらめ #2MAGmZcI[ 編集]

本当に文章がリアルで…切なくなりました…。
そんな思いを書いてくれてありがとうございます。

こうして残しておくことってなかなか出来ませんよね。
これからも思ったことをどんどん書いていってください!
応援しています。
2009/11/20(金) 21:41:27 | URL | まり #aEmTB4nk[ 編集]

そりゃそうでしょ

ここはくろわっさんのものでしょう

それで救われた人もいるし自分だってそうです

自分はいつまでもついていきます。
2009/11/20(金) 21:45:07 | URL | たくつ #GujdMNHE[ 編集]

たくさんのコメントを読んで皆に愛されているくろわっ様、タカさん、そしてブログなんだと再認識しました。

私は仕事で、アルツハイマーの方はもちろん寝たきりの方などのお手伝いをさせて頂いてますが、たくさんの病気があってたくさんの薬があっても、治らない病気がたくさんあります。
この仕事をしていると、何がその方の為なのか分からなくなることがあります。
 
出来ることはその方の最低限の生活のお手伝いをすることしかないわけで・・・。

亡くなった方もたくさんみてきましたが、亡くなった後に後悔することが多くありました。
もっと色々出来たのではないか・・・・と。
他人に対してもこう思えるので、親だともっとそう思うんではないかと思います。

後悔のないよう、今出来ることに力を注いでください。

何を伝えたいのか分からなくなりましたが・・・・
くろわっ様自身もお体に気をつけてください。
2009/11/20(金) 21:47:08 | URL | タネポン #xZ881HI.[ 編集]

親は自分より先に老いてゆく。

あたりまえの事なんですけど辛いですね。

ママチャリさんは ”人生に疲れている人を応援したい” とブログにこだわっているとの事。

たまには読者に逆に応援される双方向な関係で善いのではと思います。
2009/11/20(金) 21:49:57 | URL | 腰痛持 #mQop/nM.[ 編集]

私も貴方と同じに母はボケて、でも今でも母には手のかかる末娘
時代は流れてゆき、娘は母となり
でも
いつでも、母にとって娘は娘
悲しいけど、事実です
毒者にとってタカさんは忘れない人です
2009/11/20(金) 22:17:00 | URL | れいら #-[ 編集]


アルツハイマーですか。
頑張ってください。

僕はこのママチャリの話で
元気を保っているんですから
2009/11/20(金) 23:02:47 | URL | sakura #-[ 編集]

タカさんがアルツハイマーだったなんて・・・
衝撃的でした。
少しでも回復するように祈ってますv-421
2009/11/20(金) 23:04:55 | URL | ミミ #-[ 編集]

僕は14歳なのですが既に祖父を就学前に二人共亡くしています。その時は幼心に悲しかったのを覚えています。今思えばそれはその人の記憶が火葬によって失われてしまうと思ったからだと思います。なのでくろわっさんはこのブログにタカさんとママチャリ達の記憶を刻み込んでたくさんの人の心に残して下さい。どんな記憶も楽しみにしています。
2009/11/20(金) 23:09:39 | URL | しゅん #-[ 編集]

それは・・・とてもショックですね・・・
覚えていたことを忘れていくって言うのは周りのひとにとっては「死」の次に悲しいことだと僕は思います。
いままでの思い出その他諸々がなくなってしまうわけですから悲しみは深いでしょうね。
タカさんが少しでもよくなるように心から祈ります。
2009/11/20(金) 23:15:48 | URL | わらう #nBkvOD1k[ 編集]


あああああ。もう。
読み続けますよ。ほんとに。
くろわっさんがおじいさんになって、更新が一ヶ月に一回になっても絶対読み続けます。

何度も読み返して、初めてぼくちゅうを読んだときのことを、何度も思い出しますね。

どんな話でもいいです。
くろわっさんが書きたいことを自由にどうぞ。
ずっと読ませていただきます。

ありがとうございます。
2009/11/20(金) 23:20:59 | URL | さきえちゃん #0FtB7ubA[ 編集]

こんばんは。

このブログはくろわっさんの物語です。

お母さんを大事にしてください。

きっと忘れてるけど、覚えてるんですよ。
母だから。
2009/11/20(金) 23:30:26 | URL | おく #-[ 編集]

そんな深いワケがあったんですね・・・
2009/11/20(金) 23:34:21 | URL | tsukky #-[ 編集]

くろわっさんは、
つらいことがあったときでも、ぼくちゅうでは楽しい話を書いてくださったり。、
誰かを元気づけるために明るい話を書いてくださったり。

いつも、感謝してます。

くろわっさんの優しさは、お母様に届いてますよ。

お母様がいつまでもお元気で長生きされますよう、
おいのりいたします。
2009/11/20(金) 23:38:29 | URL | あめんぼ-★ #WFVto/b6[ 編集]

ついこの記事を見た時は泣いてしまいました・・・。
タカさんはとっても素晴らしい人です。
そのことは今アルツハイマーになっているとしても変わらない事実だと思います。

ぼくがタカさんの言葉で1番印象に残っているのは・・・
「お前のことを好んでくれる人が嫌いだと思っている人よりも1人でも多ければ良しとしなきゃ!!」(細かくはこんなニュアンスだったような・・・。)

ぼくはそういうことは考えたことしかないんですけど、でも考えていた1時期はとてもつらい時期でした。半年間、友達としゃべっていてもあまり楽しくなかった覚えがあります・・・。
だから、このくろわっさんの話はぼくの想像を絶するものだと思います・・・。
けれども、やっぱりいつも通りのぼくちゅうじゃないと、西条君や孝昭君に笑われちゃいますよ。
「神童タカさんはそんな暗い話もとめてないぞ~」って(笑)

こんな辛い時でも頑張っているくろわっさんなら絶対に報われますって・・・。
タカさんの病気が治りますように・・・。
2009/11/20(金) 23:54:21 | URL | ユーすけ #MYoQYYyc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/21(土) 00:22:41 | | #[ 編集]


この『ぼくちゅう』は
くろわっさんが
お母様との思い出と
お母様のモテた
自慢の息子だった(笑)ことの
"証"として
これからも続けていってください!

いつまでも
ついていきます(^^)/
2009/11/21(土) 00:27:41 | URL | ちな #4JcWZNxE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/21(土) 00:29:38 | | #[ 編集]

僕の祖母もそんな感じです今では祖母の息子(僕の父)のことが誰なのかも分かりません
母親との一瞬、一瞬をこのblogとともに刻んでいってください
2009/11/21(土) 00:51:55 | URL | Birth #-[ 編集]


そうだったんですか・・・

でも僕はぜっっったい忘れませんよ。

たぶんここの皆さんも同じだと思います!

頑張ってください!!
2009/11/21(土) 00:58:05 | URL | たつきち #-[ 編集]

くろわっさん お疲れ様です。

今までたくさんの愛をくださりこんなにも
たくさんの人から愛されてるくろわっさん!!
くろわっさんにとってお母様が自慢の母であったように・・
きっとお母様にとっても自慢の息子なんですよ

今のお母様の記憶の中では幼い頃のママチャリが
いるのかもしれませんよ!
忘れてしまったのではなく・・いつも一緒だった頃に
少しだけ戻っているのかもしれません
今・・お母様の中ではきっとヤンチャなママチャリが
存在しているんじゃないでしょうか
幼い頃から今までのママチャリさんがお母様の中で
スライドしているのかもしれませんね

一緒に口ずさんだ曲があるのなら今度聞かせてあげてください。


今年の母の日近くに・・『母の日だから・・』
ママチャリさんの言った言葉を今思い出して
切なくなりました。

ママチャリはいつまでもカッコ良いままで
良いんです!!
私達にとっても自慢のママチャリなんですから(^^

2009/11/21(土) 01:04:46 | URL | きらり♪ #-[ 編集]
とても良く判ります。
何故なら、おいらの家族もそうなんで・・・・・。

今では人格も変わり、別人のようになってしまいましたが、一緒に刻を過ごし、
おいらに思い出を作ってくれた人には違いないんです。


このブログはくろわっさんのいろんな想いを込めてあると思っています。

その中に『たみ子様』『くろわっさんの心の整理』が入っていて当然だと思います。



おいらには、こういう能力無いからなぁ~。
どうするかなぁ~。
2009/11/21(土) 01:13:17 | URL | まっつん #-[ 編集]

ままちゃりさんのスペースなんだからなにかいても自由ですよ。
最近こういう輩がめにつきますね。
2009/11/21(土) 01:47:11 | URL | しっぽ #-[ 編集]

そんなことがあったんですね・・・

母親に自分のことを忘れられていくなんてすごくつらいことだと思います。

僕にできることはこの小説につきあわせてもらうことぐらいです。
これからもよろしくおねがいします。
2009/11/21(土) 01:54:15 | URL | カズキング #G87DcSv.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/21(土) 03:14:54 | | #[ 編集]

そうでしたか・・・。

私も、祖母の私に対する記憶が断片的になりつつあります。
記憶や意識などやはり考えてしまいますね。。。
少しでも病状が回復されることををお祈りいたします。

でも、神童タカさんやママチャリにはすばらしいぼく駐があるんですから!

そして、そのすばらしい作品が多くの人たちを幸せにしてくれている。

やっぱりぼく駐は最高です!!!
ありがとう!タカさん!!
2009/11/21(土) 03:28:36 | URL | よい #d1ZWInzs[ 編集]

うちの亡くなった母も同じ名前(たみこ)でした。
同じ名前だからではありませんが、お気持ち良くわかるつもりです。
良い言葉も浮かびませんが、無理せず書きたい事を書いてください!

くろわっさんが書きたい事=僕達が読みたい事です
2009/11/21(土) 05:25:53 | URL | コン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/21(土) 06:49:45 | | #[ 編集]

くろわっさん
お疲れ様です。

そして このページを読んで
深夜・早朝問わず入れられている 愛がたっぷりのコメントに 目から汗が・・・v-406

皆さんがコメントされている言葉が全てですね~
もう何にも書くことがなくなりました。

自分の祖母も アルツハイマーで自分のことを忘れていきました。一晩泊り込みで介護してたら 「先生、先生」って呼ばれたっけ。

いつか自分の母も。
そして自分も・・・そうなっていくんだと感じています。
命が繋がってる限り それもうけとめていかなくちゃと。

神童タカさんが長生きしてくださいますように。
2009/11/21(土) 08:13:22 | URL | ルフィ #gtJbVBEk[ 編集]
消えないママチャリ
このブログを読んでいる小学生の子がお婆さんになった時、元気の無い孫を見て「おばあちゃんが子供の頃ぼくちゅうって言う小説があってね」と、きっと昔語りをする事でしょう。「おタカさんがママチャリくんにこんな風に言うシーンがあってね…」って。

友人関係で落ち込んでいる子にはNESSさんのおっしゃってた「すべての人に好かれようなんておこがましい」「嫌いな人より好きな人が一人でも多けれりゃ良しとしなきゃ」と言う話をするかも知れない。恋で悩む子には「いい女って言うのはね…」と言う名フレーズを。

そして大事に仕舞っていたぼくちゅう全34巻(笑)を差し出し言うかも知れない。「読んでみる?ギャグは50年も前のだけど」(笑)って。その子は「昭和にもこんな馬鹿な事やってた人がいるんだー」と思いながら、西条くんとママチャリくんの出会い、友人を見捨てず勝てない喧嘩に飛び込んでいくチャーリーの話に涙しながらきっと夢中になると思います。

「記憶」と言う事で言うのなら、最後の一人の記憶から消えるまでママチャリくんは「消えない」んです。もちろんおタカさんも。仲間たちも。

何を言いたいんだかわからない長い文章ですみません。正直言えば「ママチャリくんのモテる話」には反感を感じる事もありました。日本人は謙遜を美徳としますからね。(外国人との商談で自社製品を謙遜して商談失敗するって笑い話が昔ありましたね(笑))リベラルを気取っていながらもそんな日本人気質が自分にも染み込んでいるんだなぁとそんな時に感じます。

ただ色んな話から推察するにこのモテる話ってまだまだかなり「控えめ」に書いてるんですよね。私もその内ついつい反感コメを書いてしまう事もあるかも知れませんが(笑)、そんな時は「こんなに控えめに書いてるのに反感買う程、僕ってモテてたんだ(驚)」って思えばいいんです(笑)

私はどんな話になってしまっても最終話までは読みます。ただ前にくろわっさんが「エロエロ小説ばっかり書くようになっちゃったらどうしよう」と心配(?)していたのでそうなったらちょっと考えるかも?(笑)

この先何十万人、何百万人の心に残ろうと、聡明なおタカ母様の記憶から消える事の方がお辛い事とお察しします。ただ思いつくままの駄文長文、お許し下さい
2009/11/21(土) 09:29:57 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]

すご~く生意気なことを言うと、だからこそ、タカさんの活躍を描いて欲しいなぁなんて思ったりします。
いつか、そんな心境になれれば、で良いんですけどね。
2009/11/21(土) 10:53:56 | URL | ガン #ap1NUTvA[ 編集]

いろいろ考えました。
いろいろ考えて、いろいろ想像してみたんですけど、
でもそれは私の想像でしかなくて、
大切な人から忘れられてしまう辛さや、
大切な人を忘れてしまう辛さや、切なさや、
今いろいろ考えてみても、でも今の私には想像しかできなくて。
実際に父母が、と思うと今でもすごく泣きそうな気持ちや、心臓がドクドク言い始めてるんですけど、
でも本当にその立場になった時、もっともっといろんな思いがあふれて、、、

すいません。やっぱり自分で何を書きたかったのかまとまんないです。

でも、ね、私、
「意識とは別に働くものがある」
ということが、私の中にしっかり入って、
それで、なんとなく…なんとなく?
なんかね、大丈夫だって思いを持ちました。

忘れられているようでも、忘れてしまうかもしれなくても、
でも全く消えちゃう、消しちゃうことなんてできないと、
想像でしかなくても、でもそう強く今めっちゃ思っています。
「そうなんです」って、私もちゃんと自信を持って言えそうです(^^)。

どうぞ、くろわっさん。
これからも頑張ってくださいね(^^)。
2009/11/21(土) 12:39:57 | URL | raku。 #-[ 編集]

そうだってんですか。
神童タカさんだって老いてゆきます。

向き合って行かなければならならい事実ですね。

2009/11/21(土) 14:17:06 | URL | 兵庫のわきやん #mkLksyTY[ 編集]
難しい…
私は母が学生の時に他界しているので、わからないのですが、兄とよく「私らはおかんがボケたらショックで認められなかったかもね」って話した事があります。自分の親は、やっぱりいくつになっても絶対で、自分の支えで、自分を構成するもので。

受け入れられない人も多くいるようです。こういうのはどんなコメントが正しいのかは私にはわかりませんが、悲しいと言えるのは失礼かも知れないのですが、スゴいと思います。
うまくコメできず申し訳ありません
2009/11/21(土) 14:24:28 | URL | やま #-[ 編集]

ツライですね…
くろわっさんにそのような出来事が起こっていたなんて知りませんでした(;_;)

お母さんの思い出を、くろわっさんがしっかり覚えててあげて下さい。
この先も続いていく大切な時間を、楽しく過ごしてくださいね。
2009/11/21(土) 15:13:02 | URL | しぇる #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/21(土) 15:56:16 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/21(土) 17:41:26 | | #[ 編集]

そんなことがあったんですね
2009/11/21(土) 17:44:40 | URL | 仙台小鉄 #-[ 編集]

僕はまだ中学生です。だから皆さんのようなことはいえません。
でも、たとえタカさんがくろわっさんのことを忘れてしまっても、ぼくちゅうではタカさんのままです。
難しいことはわかりませんが、無理しないでください。
毒者はみんなあなたの味方ですから・・・。
2009/11/21(土) 19:32:15 | URL | 海坊主 #wXplh1Yc[ 編集]

記憶がなくなるのは悲しいものですがその代わりに新しい思い出や生きた証はぼくちゅうや読者の心の中には残るものですどうかがんばってください
2009/11/21(土) 21:30:43 | URL | jon #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/21(土) 22:02:01 | | #[ 編集]

記憶が消えてしまう・・・
想像すればなんとも恐ろしいことです。
記憶が消えるということは私にとって『死』と同じです。
その時感じた想い・考えたことも消えてしまう。
アルツハイマーはこの世で一番恐ろしい病気かもしれません。
タカさんの言葉には想いがたくさんつまっていました。
そしてそれを一番多く受け取っていたのはくろわっさんです。
一番くろわっさんがわかっていると思いますが
タカさんは本当にくろわっさんのことを愛しているんですねぇ
母は偉大といいますが
本当にタカさんは偉大な人ですね。
記憶が戻ることをお祈りしています。

可能性は0%ではないと思っています。
2009/11/22(日) 01:34:58 | URL | 鴉 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/22(日) 03:55:36 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/22(日) 07:46:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/22(日) 11:47:18 | | #[ 編集]

一昨年頃から(実はもっと前から?)母方の祖母がアルツハイマーになり昨年亡くなりました。
幼い頃から凄く可愛がってもらったのにお見舞いに幾度に少しずつ僕の事を忘れていく祖母を見て何て言うんでしょうやるせない気持ち?とでも言いましょうか僕は祖母との楽しい思い出が沢山あるのに、祖母は僕の名前すら分からず、最後には赤の他人ように話をする祖母を見て最後まで名前を呼んで貰えませんでした。
とにかく記憶が無くなっていくのは辛い!!
映画やドラマのように感動するような話しは全くありませんでした。
くろわっさん!!今は今まで以上に神童タカさんを大切にしてください。
2009/11/22(日) 12:54:28 | URL | TAK #JalddpaA[ 編集]

何てコメしようか迷ってるうちにかなり遅くなりましたが、やっぱりここにコメします

私は介護の仕事をしています。アルツハイマーをはじめ、沢山の認知症と戦う人とその家族をみてきました。
少しずつ、記憶がなくなったり、人格が変わったり、出来てたことができなくなったり…
大好きな家族だからこそ、愛する人だからこそ、辛くて苦しくて仕方ないんだと思います。
私も昨年までは認知症と戦う家族の一人でした。
今はおじいちゃんは天国にいってしまいましたが、おじいちゃんは、認知症になって8年間日記を書いていました。そのなかで、忘れていくことがこわい、みんなに迷惑をかけたくない…そう書いてありました。

これからも症状は進み、辛いことは増えるでしょう。
でも、タカさんと少しでも楽しい思い出を、一瞬でも満面の笑顔を、引き出せればいいなぁと思います

ブログという顔の見えない人に沢山の笑顔を与えてくれるくろわっさんですから、きっとタカさんも幸せだと思います

介護疲れをおこさぬよう、辛い時は私達毒者も世界中から支えます
2009/11/22(日) 14:32:02 | URL | KANA☆ #-[ 編集]

自慢話ばっかでもいいから
今までのぼくちゅうであってくれ!!

ちゃんと息子がバカばっかりやってたんじゃないって
かっこいいところを見せてあげて!(^^)!
2009/11/23(月) 00:40:13 | URL | 雑草 #vy4TR2to[ 編集]

理由はわかりました…と言うか私は自慢話とは思いませんでしたが、そのコメントを削除する理由がわかりません。
私も携帯小説は書いていますが(モバで)色々な意見があると思って受け入れるべきではないでしょうか?
2009/11/23(月) 05:50:04 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]

あ~。おっしゃる事はわかります。ですが、最近お子さんも増えてるせいかコメ欄が過剰反応してしまうんですよね。くろわっさんが何で消したのかは解りませんが、疲れて帰った後の楽しみとして覗く側としては荒れる原因になる米は消していただくと有難い事は有難いです。
それにこことモバは管理者が違うので、どう言う判断で消そうと管理者の権限で消すのは構わないんじゃないかと。それがただ気分が悪いからでも荒れる事を危惧してでも。
モバは確かクリエイターにはレビュー消す権限無かったんでは無いかと思います。時々多くの人が気分を害するであろうあまりにも酷いレビューを見掛け、逆にモバの方がもっと事務局が管理すべきなんじゃないかと感じる事があります
2009/11/23(月) 13:05:43 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/24(火) 03:51:59 | | #[ 編集]
生きていればこそ。
想い出も記憶も忘れてしまっていっても
生きていてくれるだけで私は幸せだと思います。

私の両親は他界してしまったので
その事だけ言えます。

くろわっさんのお母様が「そんなの知らないわよ」って仰ったとしても
会話が出来るって素晴らしい事だと思います。
2009/11/24(火) 10:51:33 | URL | くれあ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/25(水) 06:36:43 | | #[ 編集]

作者が何しようか読者が注文つけるのは、お門違いのような…
リクエストを受け付けるってのとわちょっとちがうんだけど作者がいなきゃ読者になれない。
自分てきには、自慢話と思わなかったですよ

2009/12/01(火) 13:08:39 | URL | コロカエル #-[ 編集]

いつまでも応援してます。
自慢話も面白いです(笑)

頑張って追いつきます!!!
2009/12/05(土) 21:45:22 | URL | ドコモ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/10(木) 21:59:58 | | #[ 編集]
今更ですが
僕にはまだ、アルツハイマーになった母はいません。 もっと言うと、ここ10年、母に会っていない為、アルツハイマーなのかもわかりません。
だから今更ながら、あなたの気持ちは判りません。 だけど、解らないけど、なんか悲しかったです。 会った事もないのに、あなたとあなたのお母様が脳裏をよぎり、なんか悲しくなりました。

だけど、うやらましくもありました。 僕には母が近くにいないので。
大人になって、母親が恥ずかしくなって、こんな年になって母親が愛しくなりました。
2009/12/25(金) 00:00:07 | URL | あの日の七夕 #-[ 編集]

今さらだけどコメントします
かなりひさしぶりにぼくちゅうを読んでいます。やっぱり最高におもしろいです!
人の記憶から消えていくのはつらいと思います 僕は体験したことがないけど、耐え切れないことだと思います なのでくろわっさんがやりたいようにぼくちゅうにタカさんやママチャリやみんなを刻んでください  タカさんの容態が良くなることを祈っています
2010/04/14(水) 11:09:10 | URL | ちむにい #-[ 編集]

そうですよね。考えてみれば、小説ではみんな年をほとんどとらないけど、実際はみんなぼくちゅうより30歳ぐらい年をとってるんですよね。でも、大丈夫ですよ。ぼくちゅうには読者さんがいっぱいいて、みんなタカさんが大好きなんですから。みんなずうっとタカさんのこと忘れません!!
2010/04/14(水) 19:01:28 | URL | ゆめ #-[ 編集]

去年の秋ごろからずっとぼくちゅうを読まなくなっていて、いままとめて読んでいます
 
ショックです
 
号泣してしまいました
 
『母親』の中から、自分が消えてしまうということ……
ショックです……
2010/04/20(火) 19:57:57 | URL | 滝口 聖(一治) #NRIGiuvw[ 編集]

親孝行だと思いますよ
(;U;)
2010/04/27(火) 20:40:50 | URL | 愛修羅 #mQop/nM.[ 編集]

きっと息子にとって
母の記憶から自分の
事が消えてしまうのは
きっと恋人が死んで
しまうくらい悲しいと
思います。

遅れて読んでいるので
言えるか分かりませんが
映画をみたとき
『これ僕だよ』
っていってあげてください。

僕はそれがいいと
思います。
2011/06/21(火) 19:33:04 | URL | θ #-[ 編集]

、、、
2016/03/17(木) 18:44:49 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/1878-1a16e36e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック