ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(6/22) 改訂中(8/7) 最新記事(6/20) ラジオ(6/19) アジト教室14 掲示板
携帯用カウンター
第3話 大応援団(1)へ|第5話 大応援団(3)へ→
2章 目次
▼携帯用いきなりコメント欄


第4話 大応援団(2)

我々が駐輪場でウダウダしていると、さらに下校してきたメンバーが加わり、ウダウダは、9ウダウダに膨れ上がりました。

そこにバレーボール部の連中がランニングからもどってまいりました。
そこには2名ほど我々の「メンバー」がいたのですが、彼らはランニングの列からはずれると、すぐさま報告に来ました。

「あのさー、駅に駐在さんがいたぞ。なにやら私服だった」

「え!ほんとか??」

これは聞き逃せません。速攻逆襲のチャンスです!

「間違いないだろうな?」

「ああ、たぶん、電車に乗るんだと思うよ」

我々は顔を見合わせました。そして言うまでもなく、即逆襲の準備にとりかかったのです。

「次の電車までは?」

「まだ30分以上はあるぜ」

田舎のことなので、電車の間隔は非常に長く、また行き先も「上り」以外は、ほぼ考えられません。

僕たちは、30分以内で一旦校内にもどり、「大道具」を用意する必要がありました。
しかし、僕たちには、シチュエーションごとにイタズラの「定番」がありましたので、その要領のいいこといいこと。これをもっと他のものに向ければ、きっと全員大成したに違いありません。

「あと10分だ!急げ!」

準備した大道具をかかえ、駅へととばす僕たち。
駅は、学校からは近く、自転車では、わずか5分もかからないところにあります。また、駅まではずっと下り坂であるため、2人乗りを混じえた僕たちには、実に便利でした。

駅前にすべりこむように到着すると、なにやら怒鳴り声が・・・。

「こらぁ!二人乗りはいかんぞ!
 ・・・・・って、またお前らかぁ・・・・・」

駐在さんです。
駐在さんは、2人乗りをしていたのが僕たちだとわかると、かなり落胆したように肩を落としました。

「おまわりさん、今日、非番なんですか?」

「当たり前だ。あんなこと公務中にできるか」

あんなこと、とは、自転車にエロ本を縛り付けたことでしょう。
私服でやってたとなると、もっと怪しいおっさんですけど。

「お?お前、西条!」

どうやら西条くんと駐在さんは初対面ではないようです。もちろん、原付での速度違反では面識があるはずなのですが。
それ以外にも、警察関係者とどういう面識があっても、まったく不思議じゃないやつでした。

「お前、死んでたんじゃないのか?」

「え?そうなんですか?」

西条くんは、我々が言い訳の為に彼を殺したことを知りません。

「そうなんですかって、お前、本人なのに知らないのか?」
ふふんと、にやつく駐在さん。

「おまわりさんも馬鹿だなぁ。本人だから知らないんじゃぁないですか」

「う・・・・」

西条、一本!

「おまわりさん、電車でどこかいかれるんですか?」

「あ?ああ。ちょっとヤボ用があってな。○○市までな」

○○市は、県庁所在地。電車では1時間以上もかかります。
我々は、おまわりさんがこの「長時間電車に乗る」ことに歓喜しました。なぜ?
すぐにわかります。

「ところでお前ら、せこいいたずらしてんじゃねーぞ!」

「おまわりさんこそ!僕はおかげで、学校じゃ変態扱いされそうなんですからね」


この時、駐在さんは、確かにニヤリとしました。
おそらく、自分の作戦が的を得たことがうれしくてしかたないのでしょう。

「お、ママチャリ。お前、トランペットなんかふくのか?」
僕の自転車のカゴのトランペットのケースを見つけて、話をそらす駐在さん。

「ええ。すぐにわかります」
「すぐ?」
「いえ」

「ふーん。どんなやつもひとつくらい芸があるもんだな」

カチーン!

でも今はがまんがまん。西条くんが僕の肩をポンポンとたたきました。

そこにのぼりの電車が到着し、話は中断。駐在さんも僕らもホームへと入りました。

「なんだ。お前らもどっか行くのか?」

「いえいえ。僕らは、ホームまで見送りだけです」

「ふーん。見送りねぇ」

実は、ホームに入る時、僕たちは駅員さんとひともんちゃくがありました。
手荷物が大きすぎる、という忠告です。
が、これはホームまでで電車には乗らないことを伝えて一件落着。
もちろん、駐在さんは、そんなことは気にもとめませんでした。

やがて駐在さんは、僕たちにさんざん小言を残して電車に乗りました。
僕たちは、ホームから電車の中の駐在さんにさかんに声をかけました。
実は大声を出しているフリだけで、たいしたことを話しているわけでもないのですが、さかんに指などをさして、駐在さんの気をひきました。

駐在さんは、電車の窓際にきて、窓を開けました。

「あ?なんだって?」

「おまわりさ~ん。こっちこっち~!!」

「だからなんだってんだ?あ?」

窓から身を乗り出す駐在さん。
そして発車のベルがホームに鳴り響きました。

それは逆襲のベルでした。

僕たちは、用意してきた横断幕を広げました。その長さ6m!
これは高体連用の応援団のものを拝借してきたものです。

そしてシンバルを高らかにならし、トランペットでファンファーレをおもいっきり吹き鳴らしました。
電車の中のひとたちがいっせいにこちらを見ています。

そして全員でエール!

「♪がーんばれ、がーんばれ、駐在さん!」

横断幕にはこう書いてありました。




 おまわりさんガンバレ!!エロ本ありがとう!!




直後、電車は扉を閉じ、
驚きで声も出ない駐在さんと、爆笑する乗客たち、
そして1時間にも渡る「恥ずかしさ」をつんでホームを後にしたのでした。


第3話 大応援団(1)へ|第5話 大応援団(3)へ→
2章 目次

関連記事
コメント

ここでも一番じゃん。
2007/04/05(木) 23:48:20 | URL | 温魂 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/18(水) 17:00:23 | | #[ 編集]

おもしろすぎます!
仕事中に読んでいるので、笑いこらえるの大変。
2007/04/23(月) 17:41:59 | URL | ぽんぽこ #Ybw1CIdM[ 編集]

 駐在さんに合掌。
2007/05/08(火) 03:14:55 | URL | イザーク #hxjklqKc[ 編集]

ちょwwwバロスwwwwwwwww
2007/07/01(日) 18:33:14 | URL | aaa #-[ 編集]

イザークさんに一票
2007/11/23(金) 20:54:35 | URL | たっつ #-[ 編集]

イザークさんにもう1票。








7ばーーーん(まだやってる)
2007/11/23(金) 21:26:10 | URL | イケソン #IpFcty3o[ 編集]

グッ・ジョブ☆
2007/12/16(日) 21:39:39 | URL | ちゃんこ #-[ 編集]

さすがママチャリさん
2008/04/07(月) 22:22:34 | URL | 白いマジック #-[ 編集]

10番だぜーーーーーーーーーーーーーー
イヤッフーイヤッフー
2008/05/25(日) 22:21:09 | URL | ガーベラ・テトラ #-[ 編集]

かなり面白いwww駐在大恥だww高校生でよくやるなぁ~ww
2008/06/03(火) 17:46:06 | URL | 小野妹子 #-[ 編集]

笑いをありがとうe-268
2008/06/04(水) 17:40:35 | URL | 聖徳太子 #-[ 編集]

おっ!トランペットも吹けるんだ♪
2008/06/21(土) 12:08:08 | URL | きゅう! #BqEwgRj.[ 編集]

今読み返しております。



:*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・::*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:



7×2番!
(いい加減にしようや)


2008/07/02(水) 20:29:57 | URL | 六道骸LOVE #-[ 編集]

最強の爆撃。

凄まじい拷問。

これはたまったもんじゃない。
2008/07/20(日) 23:00:48 | URL | DUTILET #Y0.rw8tU[ 編集]
どうも( ̄ι_ ̄ )
爆笑o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
2008/08/20(水) 11:40:16 | URL | わとそ #AGI7I832[ 編集]

西条君ナイスw
ぁぁwのっぽさん部隊が・・・w
2008/10/16(木) 10:22:54 | URL | モモ #-[ 編集]

的を得た→的を射た or 当を得た
2008/12/25(木) 01:27:25 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]

短い時間だったのに、よくそこまで良い作戦思いつきましたね^^
1時間恥ずかしかっただろうね♪
2009/08/04(火) 17:00:59 | URL | #Aszvn8R.[ 編集]

ママチャリすごい。。

トランペットふけるなんて。。
俺吹奏楽部なのに吹けないっ!!

でもTUBAならふけるb
2011/07/27(水) 23:11:34 | URL | masaki #-[ 編集]
ww
今、一から読んでます
笑いすぎて腹筋が割れましたよw

これからペースあげて読んでいきます!
2012/02/12(日) 14:34:50 | URL | シャナ #-[ 編集]

おいおい・・・。
エロ本って・・・。v-294
2012/03/02(金) 21:17:12 | URL | 羅理恵門 #qbIq4rIg[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/21-4757d14f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック