ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(4/26) 改訂中(8/7) 最新記事(4/17) ラジオ(4/17) アジト教室14 掲示板
携帯用カウンター
第14話 vs本屋(5)へ|第16話 諸葛孔明伝(2)へ→
2章 目次
▼携帯用いきなりコメント欄


第15話 諸葛孔明伝(1)
patocar.gif

どういう風のふきまわしか、突如「パトカーで送ってやる」などということを言い出した駐在さん。
もともと、電車に乗り遅れたことからして大ウソだったので、僕たちにすれば、当然迷惑な申し出です。

ところが

「え?よろしいんですか?」
と、本屋のご主人。

「ええ。どうせパトロール行くところですから。ついでで」
いや。ついでって、行き先も聞いてないのに。というか行き先ないんですけどね。

「すみません。じゃぁ、お言葉にあまえまして、お願いしてもよろしいでしょうか」
と、当の僕たちをさしおいて、勝手にお言葉にあまえるご主人。

「いえ、僕たち、別に今日でなくとも・・・なぁ?」
西条くんに同意を求める僕。

「ええ。のど元すぎれば熱さわすれるってやつで・・・」

バカ!ことわざの使い方が違うだろ?

「まぁ、駐在さんがそうおっしゃってくださってるんだから、遠慮しないで送ってもらいなさい。君たち。だいぶ急いでたみたいじゃないか」
と、やさしくご主人。

「はぁ・・・でも・・・」

「ね。そうしなさい。パトカーなんてめったに乗れないし」

僕たち、ついこないだ捕まって乗ったばっかりなんですけどね。それも警察への公務執行妨害罪で。

我々の思惑をよそに、なぜかトントン拍子(?)に話は進み、とうとう行き先もないのにパトカーで送ってもらうはめに。

まぁ、いいや。この際、駐在さんこきつかって、西条くんちあたりでおろしてもらおっと。


ということで、晴れて万引き尋問から解放され、はす向かいの駐在所へと移動することになった僕たち。

と、店を出ようとしたとき。

「君たち、今日はすまなかったね。これ持って行きなさい」
と、本屋のご主人が僕たちに1つずつ、箱入りのシャープペンシルを渡しました。

「いえ、いいんですよ。こんなことしてもらわなくて」
と、返そうとすると

「いいんだよ。時間とらせたね」

僕たちは、しばし無言になりましたが、あまりの申し訳なさに
「受け取れません。実は今日のことは・・・」
と、本当のことを言おうとしましたが

それをさえぎるようにご主人

「うん、いいんだ。考えてみると、君らは小学校のときからうちを利用してくれたお得意さんだ。
真冬の雪の降る中でも、体中に雪をつもらせて『小学3年生』を買いにきた君をまだ覚えてるよ。10円足りなかったって、いいっていうのにわざわざ家までもどって。
2度めについた時には、もう閉店間際だった。
寒かったろうに。
そんな君らを一瞬でもうたがった自分が恥ずかしいよ。
だから・・・持って行きなさい。これは、あのときのお礼だよ」

僕はやさしいご主人の言葉に目頭が熱くなりました。

「すみません・・・・でした」

駐在さんは、僕のあたまを、コツンとなぐりました。
もう10秒、そこにいたら涙がこぼれていたにちがいありません。

余談ですが、僕は、このときご主人にいただいたシャープペンシルを今でも持っています。黒い三菱製のシャープペンシルでした。


駐在さんの「パトカー」は、いわゆる交機などのパトカーと違い、ちっこいホンダシビックです。
うれしくはありませんでしたが、その後部座席に並んで乗る西条くんと僕。

商店街にある駐在所は、通行人が多いので、みんながなにごとかとのぞいていきます。
それは「送ってもらう」と言うよりは、どう見ても「つかまった」というふうにしか見えません。
となりの和菓子屋の店員などは、わざわざ店から出て来て見ている始末。

僕たちは、駐在さんに一刻も早く出発してくれるようたのみました。

ところが。

そこに、本屋のご主人がかけよってきました。

なにごとかと僕が窓を開けますと、

「これ。行くときに食べなさい」
と、エールチョコを2つ、渡してくださいました。

いや、重ね重ねありがたいんですけど、
ご主人、それ傍目には、どうおせじに見たって「少年院に護送される高校生が差し入れもらってる」光景なんですけど。
実際、ほとんどの通行人が立ち止まってこちらを見ていました。

ああ・・・どんどんこの町が住みにくくなっていく・・・・。



YELLチョコレート
<♪大きいことはいいことだ♪の森永エールチョコレート>

   2章-第16話へつづく どうして諸葛孔明伝?

第14話 vs本屋(5)へ|第16話 諸葛孔明伝(2)へ→
2章 目次

関連記事
コメント
感動しました!
>このときご主人にいただいたシャープペンシルを今でも持っています。黒い三菱製のシャープペンシルでした。

 え~話やなぁ。(;__;)ウルウル

2006/07/12(水) 21:18:46 | URL | コバコバ #-[ 編集]

私の家から、この本屋さんまでは6kmくらいありました。
だからこの時は、24kmも歩いたことになります。

本屋さんは、時代の流れに勝てず、なくなってしまいましたが、このご主人は、いまだご健在です。
2006/07/12(水) 21:32:02 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]
www;んんこ
かんどうした。本屋さん、やさしいな。
2007/05/10(木) 14:27:27 | URL | もつ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/05/25(日) 23:20:48 | | #[ 編集]
ほんと
良い話ですね
さっきまで大笑いしてたのに涙出てきちゃいました。
2008/06/02(月) 10:34:36 | URL | まるな #-[ 編集]

子供に教えられて、一人はまってビールのつまみに呼んでます。一気に読み連ねて、泣き笑いです。懐かしく良き時代に乾杯です!
2008/06/14(土) 02:33:27 | URL | usako #-[ 編集]

7ばぁん
カーベラテトラさん
責めて感想言ってあげなよっ
4だけってなんか虚しい・・・
2008/07/02(水) 20:54:53 | URL | 六道骸LOVE #-[ 編集]

本屋さんもよく考えてる人だなぁ
2008/07/05(土) 14:34:38 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]
感動
何だか胸がジーン(>_<)としました!


人情があって、子供に向き合う大人がいて、素敵な時代ですね


私もそんな時代を過ごしてみたかったな☆
2009/03/14(土) 23:50:16 | URL | さぁゆ #-[ 編集]

最初は笑ってたのに
泣いちゃった
いい本屋さんですね
ずっと前から買ってくれてたの覚えてるなんて
素敵です。
2009/04/08(水) 12:10:02 | URL | きさこ #j5MTE4Ew[ 編集]

シビックいいやぁん!!!!!!!!!!
ちっこいとか言うな! シビックの型式は!?
2009/08/11(火) 01:11:27 | URL | ゆーや #-[ 編集]

うう、、、いい話だ
2012/12/30(日) 18:08:18 | URL | choco #-[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/33-c3be609a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック