ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(10/19) 改訂中(8/7) 最新記事(10/14) ラジオ(10/17) アジト教室14 掲示板

しつっこいっ!

警察官との仲まで見せたのに!

「待ちやがれーーー!」

そこへ、

♪ピーーポーーー ピーーポーーー

救急窓口だけあり、救急車が滑り込んで連中との間を遮りました!

showa-qqsha.jpg



とたんに慌ただしくなる急患窓口!

後部が開き、急患が担架から運び込まれます。

「キミ!邪魔!どいて!」

状況に面食らって突っ立っていましたが、

 そうだ!

 ちょうどいいや。これに乗じて中へ!

同乗していた親族が一緒に降りて来て、移動式の担架を追いかけるように走ります。

「オジイちゃん!シッカリしてーーー!」

娘さんでしょうか。

もうよほど叫んで来たのでしょう。その声は、かすれて弱々しく、ほとんど声になっていませんでした。

すると、降りて来た救急隊員の一人が僕に向かって、

「親戚の方は、声かけてあげてください!」(←※意識不明の場合、必ず言われる)



「ハイ?」



「声かけて!」

有無を言わせません!

「ハ、ハイ…」

どうやら、連絡を受けて待機してた孫かなんかと思われたようです。

まぁ、そうでなきゃ、あんなとこに突っ立ってないでしょうから。

しかたないので、どこの誰かも知らないジジィに、

「おじいちゃ〜〜ん!シッカリして〜〜〜〜!」

「そうそう!その調子で!」

「あ・・・はい・・・・おじいちゃ〜〜ん!シッカリして〜〜〜〜!」

誰だか知らないけど。

本物の親族がなんとか言ってくれてもよさそうなもんですが、

「オジイちゃん!シッカリして・・・!」

それどころではないようです・・・。

見れば、孫が50人くらいはいそうなジジィ。全員を把握していないのかも知れません。

しかたなく、

「おじいちゃ〜〜ん!シッカリ〜〜〜〜!」

声をかけ続ける僕です。


やがて病院側から、担当の医師と看護婦が大慌てでやって来たのですが、

「キミ!もっと耳元で!」

「え・・・は、はい・・・・」

解放される雰囲気はサラサラなく、

「おじいちゃ〜〜ん!シッカリ〜〜〜〜!」

猛スピードで運ばれる急患のおじいさんとともに、

「おじいちゃ〜〜ん!シッカリ〜〜〜〜!」

なにやってんでしょう?

ところが!

「おじいちゃ〜〜ん!シッカ…」


「ん・・・・んん・・・んんん?」



やってみるものです!

なんと、ジジィが目をさましたではありませんか!

「「「「おお‥!?」」」」

「先生!意識もどりました!」
「ホントだ!」


「よかったですな!いやぁ〜、お孫さんのおかげですよ!」

「え?孫?あ・・・あー・・・そうですか?」

「さぁ!意識とばないように、もっと!」

 え!まだ?

「さぁ!」

「あ・・・はい!お、おじいちゃ〜〜〜ん」

もう相手に意識があると分かると、さっきみたいにはいきません。

知らないジジィなのに・・・・

さらに、

「おじいちゃんの手にぎってあげて!」

 え!?

「はやく!」

「あーー・・・・は、はい」

すると、担架の上のジジィ。意識がもどったひと言目に、



「・・・・おヌシ、じゃ?」



ですよねぇ〜〜〜〜・・・・

意識がハッキリしているようで、なによりです。



関連記事
コメント

おじいちゃんもびっくりだったでしょうね(笑)
2017/10/11(水) 00:02:41 | URL | ディアナ #-[ 編集]

それで驚いて心停止した場合は、罪を問われるのでしょうか?
2017/10/11(水) 00:11:21 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]

災い転じて、人助け。
良いことしましたね。
2017/10/11(水) 00:13:00 | URL | 夜桜銀次 #-[ 編集]

人命救助!
2017/10/11(水) 01:05:30 | URL | きゅう #WzzJX4NY[ 編集]

他の柄の悪い孫は、ついてきませんでしたかね
2017/10/11(水) 06:55:45 | URL | にしかご #-[ 編集]

まさかの人助けですね(笑)おじいさん、死にかけてた割に冷静にしっかりしてる〜〜〜(笑笑)
2017/10/11(水) 07:37:53 | URL | TEN子 #-[ 編集]

声を出して笑ってしまった!
朝から笑えて おかげさまで~~す
さあ、今日も1日頑張りま~~す
2017/10/11(水) 07:42:21 | URL | きっと17歳 #S90rSSAo[ 編集]

なかなかの場違いですねw
2017/10/11(水) 08:49:06 | URL | 虚空の双牙 #-[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/4953-069a7606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック