ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(11/12) 改訂中(8/7) 最新記事(11/7) ラジオ(11/5) アジト教室14 掲示板

夕食後、僕はグレート兄から

「相談がある」

という意味深な誘いがあって、2階のグレート井上くんの部屋へ。

グレート井上家は、自分の子供の門限には厳格ですが、他所の子供(特に僕)の帰宅時間は、まったく関心がありません。

「相談って、夕子ちゃんのこと?」

「わかるか・・・?」

「顔と表札に書いてある」

「つまらん」

「悪かったな!さっさと話せ」


話というのは、やはり夕子ちゃんの帰り時間のことでした。

夕子ちゃんは、僕らよりも2つ下ですから、僕たちが中3の時、中1でした。当たり前。

その頃の夕子ちゃんは、生徒会役員にはなっていましたが、門限に遅れることはありませんでした。

門限破りは、僕たちが卒業してから。それも、

「中3になってから、にわかに増え出した」と、兄証言。

「つまり、僕らが高2になってからだな?」

「なにをそんな単純な計算でいばってるんだ?」

「いや・・・・、すいません・・・・・」

「ま。オマエにしてはよくできた方か。3年で繰り上がりだから」

「繰り上がり・・・・・」

もっとも、繰り上がりがなかった頃(僕らが中3の時)は、夕子ちゃんは、グレート兄や、同じ方向だった村山くんなどと一緒に帰宅していたので、門限に遅れることなどなかったわけです。

「それがそうでもない」と、兄証言。

「へ?DO YOUこと?」

「それ、英語も少しはできるってアピールか?」

「べ・・・・別にそういうわけじゃ・・・・」

ああ、しゃべればしゃべるほどヤなヤツだ。

「夕子は、その後にピアノ習いに行ってたから」

「あーー‥‥」

ピアノのある日は、門限は午後8時に再設定されます。

「そっちは、けっこう遅れてた」

「そうなんだ?」

ちっとも知りませんでした。

夕子ちゃんは、兄に似てマジメな子ですから、てっきり、そんなことは一切ないと思っていたのです。

もっと驚きだったのが、

「それがどうも、男子が絡んでるっぽい」と、さらに兄証言。

「男子!?」

「あ。今、お前、少し面白くない顔した」

「ま、またまた〜〜。めったなこと言うなよ〜〜〜」

「じゃ、笑顔のままで聞け」

「ん・・・・んふふふふ‥‥‥‥」

「無理がある」

「うるさいなぁ〜。話す気あるのか?井上」

僕は、夕子ちゃんだって、そろそろお年頃だし「カレシのひとりふたりいたって不思議ない」と思っていたし、その通りにグレート井上くんに伝えました。

が、グレート兄は、これに対し、

「それはない」

と主張。

「なんでわかる?」

「兄だからだ」

「あ・・・・そう・・・・・」

では、なんで男子と分かるか?と聞いたら、

「ここのところ、やたら電話がある」のだそうです。(もちろん家の電話です)

「へ〜〜」

でも、夕子ちゃんに電話が繫がれることは、めったにありません。

底意地の悪い兄や父が切ってしまうからです。

「電話が多くなる時期と、門限に遅れる時期は、ピタリと一致する」

「ふ〜ん」

さすが分析においては、高校生ばなれしています。

「じゃぁ、やっぱりつきあってる子がいるんじゃ?」と言うと、

「それはない」

「なんでわかる?」

「兄だからだ」

「あ・・・・そう・・・・・」

ラチがあきません。

「じゃぁ、どういうことだよ?」

「それを調べるのが、お前の役目だろ?」

「は?」

「僕はあいにくと、顔がわれてるからな」

「いや、僕だって夕子ちゃんには顔われてるけど・・・?」

「夕子の話じゃない。相変わらずバカだな」

「それが人にモノをたのむ言い方か!?」

「たのんでるんじゃないよ。指令だ、指令」

「指令・・・・なんかカッコイイ♪」

「だろ?」

「・・・いや、待て。指令って言うとカッコいいけど、それって命令‥」

「ない頭で深く考えるな」

「むぅ!」

グレート井上くんが言うには、

「どうも良からぬことに巻き込まれてる気がする」

「良からぬこと・・・?」



   ・・・・良からぬことって? <次回へつづく・・>


関連記事
コメント

命令に従う家来だお!
2018/06/30(土) 00:13:14 | URL | きゅう #WzzJX4NY[ 編集]

グレート父さんと井上君がいたら
電話つないでもらうのは至難の技だな~w
2018/06/30(土) 00:26:28 | URL | コーイチ #-[ 編集]

夕子ちゃん中一の時から生徒会かぁ。さすがグレートな妹。ママチャリくん達が高二というとつい駐在さんを連想してしまいますが、みんなの妹夕子ちゃんが事件に巻き込まれていたら大変!続きが楽しみです。
2018/06/30(土) 00:31:06 | URL | TEN子 #-[ 編集]

続きがある!嬉しい!
ありがとうございます!!
楽しみ~♪

遅ればせながら27巻を読んでいます。
2018/06/30(土) 10:45:05 | URL | あずき #-[ 編集]

当時ですから
井上家は「世間体」というものも
他と比べれば、とんでもないくらい気にしなきゃいけないでしょうね。

だからこそ
「自分トコの門限だけ、やたらきびしい」

「彼氏でもなさそうな男がやたら気になる」

わけでしょう。
2018/07/01(日) 05:16:06 | URL | にしかご #-[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/5148-40a25003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック