ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(11/20) 改訂中(8/7) 最新記事(11/27) ラジオ(11/19) アジト教室14 掲示板

ワンワワンワンワンワン!

敵意ムキ出しのサチコの咆哮!

馴染みの客ではないのでしょう。

扉を開きかけたところだったので、それは玄関から階段を通って、かなり忙しく聞こえます。

「誰?」

「さあな」

ヒントはありました。

僕らが扉から顔を出すよりも少し早く、夕子ちゃんが階段を駆け下りて行ったからです。

「夕子の友達か?」と、グレート兄。

そう言われて、僕は学校で会った無愛想な後輩を思い浮かべていました。


しかし、夕子ちゃんがそこへ辿り着くより少し早く、


”なんだね?こんな時間に”


グレート父さんのいかにも不機嫌な声が!

夕子ちゃんは、その声に出て行けなくなったみたいです。

グレート父さんの怒りは冷めません。

”こんな時間に。なに考えてるんだ!”

怒り具合で分かります。客は男の子なのでしょう。


しかし、「こんな時間に」ってとこだけ捉えれば、僕もここにいるわけで…

「なんかいづらくなってきた・・・・」

「お前が言われてるわけじゃないだろ」

井上くんは言うものの

「そりゃそうだけど・・・・」

「来てるのは、夕子の友達だから中学生なんだろ?」

「そう、みたい、だけど・・」


中高生がウロウロするような時間じゃないだろ!”


 ウヒャ〜〜〜、高校生が範囲に入ってるゥ〜〜〜〜


”それとも、なにか今日じゃないとマズい用事でもあるのかね?”


「いえ、別にそういうわけでもないんですけど。井上くんが・・」

「なにお前が答えてんだよ?」

「だってさ〜〜〜・・・どう考えても、上にも聞こえるように言ってるような・・・」

「そんなわけないって」


再び、

ワワワワンワンワンワン!

激しいサチコの咆哮。

あそこまで言われて、さすがに帰ったみたいです。

夕子ちゃんは、いったいどんな気持ちで聞いていたのでしょう?


”ったく、常識外れにも程がある!まったく親はどういう教育してるんだ!”


「痛タタタタ・・」

「お前にも、そういう感情があるんだな。驚きだよ」

「そりゃあるって・・」

夕子ちゃんが年頃になってからは特にそうです。

「今はまだ帰らない方がいいぞ」

「だよね〜・・・」

とてもそういう雰囲気ではありません。


「じゃぁ、井上」

「なんだ?」

「だったら晩メシ食べてこうかな?」

「・・・・・・・・・・・・・・」



関連記事
コメント

そういう、親、の話題になれば、
グレート父さんも機嫌が良くなるわけですね。

しかしまあ、どんな用事なのかは、気になります。
2018/11/21(水) 00:00:30 | URL | にしかご #-[ 編集]

訪問者が誰だったのか気になりますね。夕子ちゃんが降りて行こうとしたということは会う約束をしていたのでしょうか?
2018/11/21(水) 07:12:56 | URL | WRX #-[ 編集]

あはは。さすがのママチャリくんでも遅くの訪問には居心地の悪い思いをするんだな〜と思ったら、しっかり夕飯まで頂いていくんですね。それにしても夕子ちゃんのお客さんはやっぱりあの生意気な男子中学生ですかね。用件はなんでしょう?気になります
2018/11/21(水) 09:55:07 | URL | TEN子 #-[ 編集]

中高生ってなかなかつかいませんよねー(笑)
ついでにママチャリさんにも言ってますねこれは(笑)
2018/11/21(水) 13:20:15 | URL | 馬刺し #7zcsReec[ 編集]

さすがママチャリ図太い!
2018/11/29(木) 21:43:47 | URL | Ted #-[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/5218-4d5ee6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック