ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(3/29) 改訂中(8/7) 最新記事(3/27) ラジオ(3/20) アジト教室14 掲示板
携帯用カウンター
第6話 御利益へ|第8話 ドラゴン大会(2)へ→
4章を終えまして
▼携帯用いきなりコメント欄


第7話 ドラゴン大会(1)
dragon.jpg

あの神主、お正月の余り物くれやがったな?

しかし。「お守り」の御利益か、少なくともグレート井上くんにはまさしく神様のお恵みがありました。いえ、安産じゃなくって。

それは神社の掃除も終えて、心臓破りの階段を降りていた時のことです。
すでにあたりは暗くなりはじめ、神社の杉木立からはヒグラシの声。

下から、階段を上って来る女性の姿が見えました。

それがなんと!

駐在さんの奥さんの妹さん、つまり美奈子さん!

「あっ!」

「あれ?君たちは昨日の・・・」

「こんにちは~美奈子さん♪」

「変態高校生一味!」

「ちがいますよ・・・・」

掃除の疲れがどっと吹き出す僕たち。

「なにかしてるの?神社

えっと。聞き方、おかしくないですか?
普通「神社」でしょう。
なんなんでしょうか。「神社」って。

「だって君たち、毎日どっかで悪さしてるって、義兄が・・・・」

駐在~!

「ち、違いますよ。今日はボランティアで掃除してきたんですよ。神社

「ふーん。えーっと、それで、それはなんの罰なの?」

この方、どうもよくわかっていない、と言うか、よくわかっていると言うか・・・。


「それより、美奈子さんこそなにしてるんです?こんな夕暮れ時に」
 ♪よびだしたりしてごめんごめん (← わかる方だけわかっていただければけっこうです)

「デートですかぁ?」
西条くんの質問に、うつむいてしまったのはグレート井上くん。

そうです。当時、田舎のデートスポットや待ち合わせ場所としては、けっこうポピュラーな場所でした。神社。

即座に西条くんに対しローキックをくらわす村山くん。

美奈子さん、
「ウフフ。ちがうわよ。こっちに知り合いなんかいないもの。星がよく見えるところを探しているの」
抱えた大きな望遠鏡を指差して言いました。

「あ。そうだ!君たち、どっか星がよく見える場所知らない?」

「あ!俺の部屋、それも布団の上からとってもよく見えます!
と言う西条くんに、激しくエルボーをくらわす村山くん。

「そうですね~。このあたりだったら姫沼あたりがいいと思いますよ」

「姫沼?」

姫沼は、僕と西条くんが駐在さんに置き去りにされかけた、例の「森のくまさん」の沼。
ほとりには広場があり、街の光が遮断される姫沼は、星の観測にはまさに格好の場所でした。
が、なにより、姫沼はグレート井上くんの家が通り道にあったのです。

「そこ、星よく見えるの?」

「ええ。よく見えるなんてもんじゃありません。M78星雲で暮らすウルトラマン一家が肉眼で確認できるんですよ」
「うん。こないだピクニック行ってるのが見えたよな。ウルトラマン一家が」
「そうそう。ウルトラの母が5mくらいあるオニギリ持ってきてた」
「タロウがおいしいおいしいって食べてました」

「ウフフ。声まで聴こえるの?アナタたちってホント面白いのね。姉の言う通りだわ」

「コイツの家、近いから、井上に案内してもらうといいですよ」

「じゃぁ、お言葉に甘えようかしら?」

おお!うまくいった!

「ええ。でも、夜は危ないから、こいつについてってもらうといいですよ。なぁ。井上、いいだろう?」

「え、ええ、もちろん」

「そうです、そうです。危ないから俺もついてきますよ!」
と、余計な茶々を入れる西条くんに、村山くんがアックスボンバーをくらわせながら
「西条、今日、電車、6時が終電なんだってさ。乗り遅れるとたいへんだぞ」

どうやら村山くんも、親友井上くんの「恋心」に気を使っているようです。
しかし、終電6時って、どういう過疎村でしょう?

村山くんの配慮にようやく気づいた西条くんも
「あ。そうだ。俺、そう言えば母ちゃんが重い病に倒れたんだった。帰らなくちゃ」
そりゃ初耳。ですが、この友情にはちょっと胸をうたれました。正直なところ。

が、グレート井上くん、
「うん、でもやっぱり一人じゃぶっそうだから、誰かほかにもつきあってくれよ」

「そうか・・・・。それも言えているな」

姫沼は、その広場と隣の市に近いという立地から、週末ごとに不良がたむろすという噂がありました。
そして今日はその週末。

「じゃぁ、やっぱり西条か孝昭にでも来てもらえば安全かな?」
別な意味で安全じゃないようにも思いますが・・・。

「西条君ってそんなに強いの?」

「強いなんてもんじゃないすよ。こないだなんかキングギドラと渡り合ったくらいですから」と、千葉くん。

当の西条くん、
「ああ、でも、アイツ、首3つもあるんで口喧嘩は強かったな。3つの悪口、同時に言えるんだぜ」

ここでも「ぷっ」と吹き出す美奈子さん。

 か、か、か、かわゆい♪

お姉さん(駐在さんの奥さん)より上かも?

「でも、やっぱり悪いわ・・・。」

「いいえー。僕たち、明日は休みですし。夜遊びは僕たちの課外活動のひとつですから」
「あ!そうだ。こないだ間違って買った花火あるからさ。みんなで姫沼に集まるってのはどうだ?」
そうです。ジェミーが間違えて買ってしまった花火が手つかずで残っています。
「ナイスアイディア!みんな呼ぼう!そうすりゃ安全だし」

「どうです?美奈子さんは」

「ウン。楽しそう♪ うれしいわ」


「花火、いっぱいあるんだろ?ジェミー」

「ええ。あります!線香花火が20本と〜。あとドラゴン40個

なんだそりゃっ?

「だって。ドラゴン好きなんですもん」

みんな・・・・・来るかなぁ・・・・・・。



第6話 御利益へ|第8話 ドラゴン大会(2)へ→
4章を終えまして

関連記事
コメント
ランキング見たら
1位じゃなくなってる!

ひさしぶりです。スパイダーマンDXです。
ランキングクリックしたら、なんと1位から脱落?
しかもしかも。1位がめちゃくちゃヘンなのなんだけど。
なんだあれ?

あれってインチキだよな。間違いなく。
はらたつ~~~~のり。
2006/08/12(土) 18:57:54 | URL | スパイダーマンDX #28CUaD.o[ 編集]
スパイダーマンDXさん
うーん。私の不徳の致す所でございまして、まことに申し訳ございませぬ。

スパイダーマンさん、おひさしぶりでしたねー。

でもまぁ、ここもついひと月前までは30位でしたから。それでもずいぶんと喜びますた。

あせらずとも面白ければみんな読み続けますし、面白くなければ読まなくなると思います。
ただ、ここはドキュメントなんで終わりがあるんですよねぇ。

せめて終わる前に、もう一度返り咲きたいものです。
2006/08/12(土) 21:28:14 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]

どんだけドラゴン好きなんでしょう…  もう夜中だと言うのに、笑いが止まりません(*´∇`*)
2007/05/09(水) 00:23:58 | URL | しげ #p3q9XHMw[ 編集]

ぃぁぃぁ。
ほんと面白すぎですよ!!!
休日出勤する程仕事に追われてるのに
仕事が手につかなくなっちゃいましたょ!!!
どぅしてくれるんですか!
といいつつポチッっとなw
2007/07/08(日) 14:05:09 | URL | 禅 #-[ 編集]
初恋疑惑
爽やかな風、吹いてきましたね。

美奈子さんと、西条くん達のやり取りが目に見えるようです♪

恋したから、見分けられる。
うん。素敵ですね。
2007/09/04(火) 00:52:44 | URL | 小鳥枝 #-[ 編集]

懐かしい歌でした。色付きの文字
呼び出したりしてごめんごめん♪
思わず歌ってしまいました。

面白くて楽しくて喜んで読ませてもらってます。
でも、まだここ(笑

ほのぼのあったかいお話しを ありがとうございます。
今日のUPに追いつける日はいつかな?
2007/10/01(月) 13:27:00 | URL | りり #-[ 編集]
▲---------
>りりさん
いらっしゃいまし。

ここから5章フィナーレまでいっきにお楽しみください。

▲---------
>小鳥枝さん
>恋したから、見分けられる。
うん。素敵ですね。


はい。とっても不思議です

▲---------
>禅さん
>仕事が手につかなくなっちゃいましたょ!!!
どぅしてくれるんですか!


申し訳ない・・・
2007/10/01(月) 15:23:12 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]

 ♪よびだしたりしてごめんごめん

高2の夏によく口ずさんでました。
懐かしさのあまり ついカキコ。

ひょっとして作者様は同世代? 
映画楽しみにしてます。
2007/10/23(火) 16:41:44 | URL | NSP懐かしい #JalddpaA[ 編集]

♪よびだしたりしてごめんごめん

わかっちゃったよ10代なのに・・・

母が好きなのでよく聞かされてました。
2008/08/23(土) 17:53:43 | URL | 名もない読者 #-[ 編集]

呼び出したりしてごめんごめん。そんなにふくれちゃあいやあだよ。ユウヤケ時は・・・

すみません。小学生にみえないですね。うん

じゅんれんか歌います。

すぅっきでっすすぅっきですこっころぉから~

すみません。ひらがなばかりで・・・。
2008/08/27(水) 17:35:25 | URL | マロ(結愛) #-[ 編集]

「ええ。よく見えるなんてもんじゃありません。M78星雲で暮らすウルトラマン一家が肉眼で確認できるんですよ」。
「うん。こないだピクニック行ってるのが見えたよな。ウルトラマン一家が」。
「そうそう。ウルトラの母が5mくらいあるオニギリ持ってきてた」。
「タロウがおいしいおいしいって食べてました」。


ありえねぇ―――― 笑
めっちゃウケる☆
2010/06/03(木) 19:42:36 | URL | あーちゃん #-[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/66-71c8fbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック