ぼくたちと駐在さんの700日戦争

 

  
最新話(6/22) 改訂中(8/7) 最新記事(6/20) ラジオ(6/19) アジト教室14 掲示板
携帯用カウンター
第13話 サイジョーの約束(2)へ|第15話 サイジョーの約束(3)へ→
4章を終えまして
▼携帯用いきなりコメント欄


第14話 サイジョーの約束(2)

翌朝、僕は、孝昭くんのほか、村山くんも伴い、3人で「となりの」市立病院へ。

今回は3人バラバラにお見舞いを購入してきました。
それにしても昨夜危篤の西条善兵衛さんは、あの期限付き豚バラ肉、どうされたでしょう?気になります。

まて?

「孝昭。それ、また肉屋の包みじゃないか?」

「え?こ、今度はハムだよ。ハム。おかしくないだろ?」

「また生モノにしたわけ?お前」

「だ、だって見舞いに肉類は縁起がいい、っていうからさぁ。今日聞いたら”ハムはもっといい”んだって!」

コイツ・・・また騙されてる・・・。
バレンタインのチョコレートも、きっとこのようにして広まったのでしょう。
コイツのようなバカのつく気のいいやつが「チョコって恋がかなうんだって!」とか言って。
しかし、現在「肉の見舞いは縁起がいい」という話をまったく聞かないところをみると、肉屋の謀略は孝昭くんひとりで止まったようです。そりゃそうだ。

西条くんは、外科病棟に入院していました。

かんじんの西条くんの姿は見るも無惨なものでした。
頭から顔は半分包帯で覆われ、腕にも包帯をしていました。

「西条・・・お前・・・・」

西条くんは無言でした。

なぜなら、その時西条くんは、後ろ向きで作業をしている看護婦さんのお尻に釘付けだったからです。

ひととおり、観察し終わると西条くん、

「あれ?お前ら来てたの?」

たいへんなご挨拶です。


「ずいぶんとしんどいみたいだな・・・」

これに対し西条くん。小声で
「そうなんだよ・・・。白衣ってさ。意外とラインがクッキリ見えたりするんだよな。まいるよなぁ」

いや・・・。そういう意味で「しんどい」話ではないのですが。「よなぁ」などと同類扱いされても困ります。

「もう少しで柄もわかりそうなんだけど・・・この微妙さが・・・・なぁ?」

いや。だから「なぁ」とか言われても困ります。

「そういう問題じゃなくて。ケガ、どうなんだよ」

「うん、鼻と肋骨とか折れたみたい。問題は眼底らしいんだけどね。まぁ、たいしたことはないよ」
これに、ついさっきまで西条くんに「観察されていた」看護婦さん。
「たいしたことないことありませんよ!もう少しで目が飛び出しちゃうとこだったんですからね」

「だってさ・・・・」

そこにさらに西条くんへの見舞客がやってきました。

それは私服姿の駐在さんと美奈子さんでした。

「あ!み、美奈子さん! ・・・と、おまわり!」

「本官はついでか?」

「ど、どうぞどうぞ。こちらに。むさくるしいとこですけど」
と、美奈子さんだけを手招きする西条くん。

美奈子さんは深々と頭を下げました。

「お前だけあそこにいなかったからな。こんなこったろうと思ったよ」と、駐在さん。

「ずいぶんと派手にやったようだな」

「ええ・・・まぁ」

「茶木は起訴された。初犯じゃないからな。おそらく年少だろう」

「そうですか。アイツも年貢のおさめどきだなぁ・・・・」

「アイツも重傷で入院したが。お前らのことは起訴しないようだ。・・・問題は学校だな」

そうです。西条くんは、しょうもないことですでに2度停学をくらっていました。
1度は『俺たちは風』の公務執行妨害と道路交通法違反でしたが、1度はやはり暴力沙汰でした。
今回は「退学処分」となってもまったくおかしくありません。

「一応、学校には穏便に済ますよう連絡はしたのだが。なにしろ組織が違うからな。どうなるか・・・・」

「ごめんネ。私が原因で・・・」
美奈子さんがすまなそうに謝りました。

「まぁ、いいですよ。俺、勉強好きじゃないし・・・」
とは言ったものの。さすがに「退学」の不安は、ぬぐい去れないようでした。
僕たちも言葉を失いました。

結論から言ってしまうと、西条くんは入院中の停学だけでおさまりました。
噂では担任の白井杏子先生ががんばって押さえた、とかまことしやかに言われましたが、実際は、県下でも実力者であったグレート井上くんのお父さんが手を回した、というのが真相のようでした。


西条くんは、ずっと黙って窓側を見ていました。
が。やはりそこにはお尻を向けて作業をされている看護婦さんがいるのでした・・・。

「ところでな。西条」
「はい?」

「見舞持って来てやったから」
と言うと、駐在さんは、包みをひとつ渡し

「それからコレ。お前に返しとくからな」
と、額縁を取り出しました。

それは

4章『夕陽の決闘』で僕たちが使った「さらにとんでもねーグラビア」
そうです。100年の恋も醒める、すさまじいグラビア。

「このへんにかけとこうか?」

「お、大人げねーぞ!駐在!み、美奈子さんの前で!」

しかし、この程度のことは、この後にまきおこる大事件に比べれば、とんだ茶番でしかありませんでした。
少なくとも僕にとっては・・・。


第13話 サイジョーの約束(2)へ|第15話 サイジョーの約束(3)へ→
4章を終えまして

関連記事
コメント
勘弁してください~笑
もう笑いすぎて腹筋が痛いのです。
豚バラでもう涙は出尽くしてしまいましたよ。
読み出したら止まらないおもしろさに脱帽です。
2006/08/21(月) 16:39:35 | URL | sainei #-[ 編集]

sainei様。
5章までたどり着かれたのですね。なによりでございました。
およろこびいただけたようで、ホント、書いててよかったです。

もともとは、ブログのネタが不足したので始めた連載だったのですが。独立させたらこっちがメインになってしまいました・・。

単発ものはCG&建築パース
http://blog.goo.ne.jp/cloissant
でごらんくださいませ。

最近ふるわないのですが・・・。昔は『ぼくちゅう』もそちらに掲載しておりました。
2006/08/21(月) 18:53:53 | URL | くろわっ #NB/JWtcg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/18(土) 07:34:38 | | #[ 編集]

ちょっ、駐在!猥褻物陳列罪・・・
落差がキツいから、逆に笑いが腹に来て、立て続けにコメント付けちゃいました。管理人さんごめんなさい。
2008/03/30(日) 13:07:11 | URL | ちー太郎 #Fw4GgpdY[ 編集]

駐在さん 血も涙もないですね・・・
西条君、弱ってるのに・・・って弱ってないか・・・
さすがです。どんな時でも欲望は、衰えないのですね!

 (本も読んだのですが、再々読読でつい米いれてしまいます・・・申し訳ありません。)
2008/05/25(日) 21:06:04 | URL | アキプン #NRBrZvOo[ 編集]
コメントする
URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
スポンサー

この記事のトラックバックURL
http://700days.blog69.fc2.com/tb.php/73-8ce57496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック